bit

新幹線開業直後の函館にあえて飛行機で行ってみた

3月26日、北海道新幹線の新青森~新函館北斗駅間が開業した。

新幹線開業直後の函館にあえて飛行機で行ってみた


東京駅から新函館北斗駅間まで最速列車4時間2分、普通車指定席では22,690円(スーパーモバイルSuica特急券購入時には15,460円)で行けると聞く。

一方、飛行機を利用すると、羽田空港から函館空港までは約1時間20分程度で、航空会社によっては13,000円台もある(シーズンにより異なる)。

飛行機でのお得なプランも


前評判としては「特に首都圏からは飛行機で行くほうが断然早いし、安い」という声が多かったが、はたして開業によってどの程度賑わっているのか。
報道によると、北陸新幹線開業3日間の乗車率は平均48%だったのに対し、北海道新幹線は平均43%だったそう。
そこで、開業直後のある週末、あえて飛行機で函館に行ってみた。
ちなみに、北陸新幹線のときもそうだったが、新幹線開業前後は新幹線に対抗すべく、航空券+宿泊のお得なプランが多数用意されているので、狙い目の時期でもある。

まず驚いたのは、函館空港から函館駅までの移動がバスで20分強(410円)と、非常に近く、料金も安いこと。
移動手段として飛行機か新幹線か選ぶ際、「飛行機は乗っている時間が短いし、早割使えば安いけど、空港から市街地までが遠いからなぁ」と悩む地域は多いが、函館に関しては非常にアクセスが良いのでデメリットを感じない。

函館駅前に着くや、地元放送局の人に声をかけられた。「どちらからお越しですか。飛行機ですか」と。「飛行機派」の声を拾う意図らしい。似たようなことを考える人は案外いるのだろう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月17日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。