bit

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた

現在、筆者の地元・静岡県藤枝市では「昭和のおもちゃとゲーム展」と題したイベントが開催されている。主に昭和40~50年代にかけての様々なおもちゃやゲーム機が多数展示されていると聞いて、世代的にどストライクなアラフォー筆者は早速足を運んでみた。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


会場は市民の憩いの場、蓮花寺池公園の敷地内にある郷土博物館。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


蓮花寺池の外周は約1.5kmと、結構な広さ。パンダ型やコアラ型のレトロなボートやジャンボ滑り台なども楽しめる。日曜ともなると多くの親子連れで大賑わいだ。

落ち着いた雰囲気の建物が郷土博物館。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


藤枝市の歴史が分かる貴重な資料が常設展示されている。普段は渋めの企画が基本だから、今回のようなイベントはレアかも!?

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


入館料は大人200円、中学生以下無料と良心価格。館内では、藤枝市生まれの作家・小川国夫展も同時開催中だ。

会場入ってすぐのところに、駄菓子屋の軒先で見かけた懐かしのゲーム機が。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


10円で実際に遊べるのがうれしい。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


「懐かし~!」「これ持ってた!」などなど思い出話に花を咲かせながら、展示物を食い入るように見る人々。テンション高くなるのも無理もない、貴重なグッズがいっぱいだ。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


ハリボテ感あふれるマジンガーZと思われるロボットや、人間成分多めなウルトラマン的なヒーローの凧。子どもの落書きライクなドラえもん風カードなど、おおらかな時代ならではの、著作権的にヤバい代物もいっぱい。

懐かしすぎる!目が輝きっ放しの「昭和のおもちゃ展」に行ってきた


着せ替え人形もズラリ。各コーナーにうんちくが張り出されているのも今回の企画の見どころ。昭和42年のタカラのリカちゃん人形よりも早く、昭和41年には中島製作所より純国産のファッションドール『スカーレットちゃん』が発売されているそうだ。

あわせて読みたい

  • 昭和レトロなマッチの博物館

    昭和レトロなマッチの博物館

  • 昭和初期のレシピを再現した本が発売!美味レシピから衝撃のレシピまで

    昭和初期のレシピを再現した本が発売!美味レシピから衝撃のレシピまで

  • 「昭和ことば」の辞典を引くと、生きやすい社会がやって来る?

    「昭和ことば」の辞典を引くと、生きやすい社会がやって来る?

  • 昭和初期のレシピ200品を再現した山本さんが選ぶ、美味しい「昭和レシピ」

    昭和初期のレシピ200品を再現した山本さんが選ぶ、美味しい「昭和レシピ」

  • コネタの記事をもっと見る 2016年4月20日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース