bit

避難所生活でヒソヒソ声ばかりだと危ない「誤嚥性肺炎」

避難所生活でヒソヒソ声ばかりだと危ない「誤嚥性肺炎」
(画像はイメージです)
大きな地震が相次いで発生している熊本県。

被災地では車中へ避難している人が、エコノミークラス症候群となり、「震災関連死」が新たな問題として浮上してきている。
避難所での生活の大変さは、経験したことのない者には想像に余りあるものだが、さらに気になったのは「咳」の問題だ。

かつてPTAと地域合同の防災訓練として、小学校の体育館に宿泊したことがある。
体育館での宿泊からイメージされるのは、寒さや、硬い床に寝ることによる体の痛みやむくみなどだったが、実際に宿泊してみると、いちばん辛かったのは、実は、のどのイガイガや、咳が止まらなくなったことだった。
1人、また1人と、咳をする者が増え、夜中にマスクを配って歩いた。特に自分は喘息気味のせいもあってか、1晩過ごしただけなのに、その後2週間ほど咳が止まらなかった。
自分以外も、後々まで咳が続いた人たちは、何名かいた。体育館にはチリやホコリがあったり、空気が乾燥していたりするためだろうか。

声を出さない、ヒソヒソ話からつながるリスク


そうした疑問について、音痴矯正ドットコムを運営するヴォイスティーチャーの高牧康さんは言う。
「これこそ、誤嚥(ごえん)の始まりです。声を出さないでいる、または、ヒソヒソ声ばかりで会話しているために、声門閉鎖が弱まってきているのです」

声を長く出さないでいると、声帯の筋肉が弱まって、2枚の声帯をぴったり閉じることができなくなり、隙間から異物が肺の中へ入り込みやすくなるそう。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース