bit

ゴールデンウイークが飛び石から大型連休に変わったのはいつから?

       
ゴールデンウイークが飛び石から大型連休に変わったのはいつから?

今年のゴールデンウイークは5月2日の月曜と、6日の金曜を休めば、4月29日から5月8日まで10連休となる。この長期休みを利用して海外旅行などへ出かける人も多いだろう。だが、ゴールデンウイークは、昔から連続した大型連休だったわけではない。

戦後、1948年に「国民の祝日に関する法律」(祝日法)が制定される。4月から5月にかけて定められた祝日は、4月29日の(昭和)天皇誕生日、5月3日の憲法記念日、5日のこどもの日の3つのみだった。3日と5日の間にある5月4日は平日だったのである。そのため、飛石連休という呼び名も使われていた。

5月4日が休日となるのは、1985年に改正された祝日法が適用された1986年以降である。この年の暮れから日本はバブル景気に突入する。大型連休の誕生とバブルの到来は時を同じくしているのだ。

だが、5月4日は正式な祝日ではないため、振替休日は適用されなかった。2007年に再び祝日法が改正され、4月29日に割り当てられていたみどりの日が、5月4日に移動し正式な祝日となる。そのため、振替休日も適用されるようになった。4月29日は昭和の日と改められた。

現在は日曜日と祝日が重なる場合は、もっとも近い平日(通常は月曜日)が振替休日となる。だが、この制度が始まったのは1973年以降である。それ以前は、祝日と日曜日が重なってもオマケの休日は存在せず、月曜日から会社や学校へ行っていた。現代の感覚からするとなんだかソンをした気分だ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。