bit

朝も昼も! “夜のお菓子”だけじゃなかった「うなぎパイ」シリーズ



「実は生地をこねたり、折り重ねたり、仕込み・仕上げの工程のほぼすべてをうなぎパイ職人が手作業でおこなっています。力仕事なので職人は男性のみです」
なかには異物混入を避けるため、自発的に頭や腕など全身の毛をすべて剃っている職人もいるというから、意識の高さに驚かされる。

「お菓子のフルタイム」以外でちょっと珍しいのが、1980年に発売された「うなぎパイナッツ入り」。東名高速の開通記念に生まれた商品で、長らく高速道路のSA限定だったが、これもお客様の要望で2015年から他の場所での販売も解禁になったそうだ。最近は、「うなぎパイ」派と「うなぎパイナッツ入り」派にわかれているとか?

思いのほか充実していた「うなぎパイ」シリーズ。朝、昼、真夜中にもお菓子を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみては?
(古屋江美子)

あわせて読みたい

  • 静岡あるある 奇抜なローカルCM

    静岡あるある 奇抜なローカルCM

  • "富士山は静岡のもの"山梨と争い

    "富士山は静岡のもの"山梨と争い

  • コネタの記事をもっと見る 2016年5月4日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース