ジュエリーは、女性を引き立てる美しき装飾品。身に付けることにより、個性や大人の魅力を際立たせます。
いや、決して女性には限らない。男性がジュエリーを付けると風格や男らしさが格上げされる効果だって期待できる。上手に使いこなしたいですよね!
実は、女性や男性だけには限りません。なんと、植物のためのそれも誕生している模様。株式会社TRINUS(東京都千代田区)が商品化する『プランツジュエル』は、“植物のためのジュエリー”です。
植物が身に付ける“植物のためのジュエリー”


見た目もきれいになるし、抗菌技術でお水もきれいなまま


事の始まりは、「KENIFINE」(ケニファイン)という抗菌技術。1996年7月に大阪府堺市で発生した大規模集団食中毒事件を機に神戸製鋼所が対策として開発したもので、なんと「従来の10倍以上の効果をもつ」とまで言われているらしいです。
「医療などに活用されているこの技術に興味を持ち、ウェブ上で上手に活かせるアイデアがないか募集しました。その中で最も面白く、また当社の『生活をより豊かに明るくする』というコンセプトに該当する案が“植物のためのジュエリー”でした」(代表取締役・佐藤真矢さん)

見た目を洗練させる「ジュエリー」というベクトルと「高機能抗菌技術」という実用性が掛け合わされ、以下の3つの特徴が『プランツジュエル』には備わりました。
(1)身近な器が花器に早変わり
『プランツジュエル』を入れることで、身近な器が植物の茎を固定しやすい花器に早変わり。お皿やワイングラスなどと組み合わせ、手軽に切り花を楽しむことができる。