CNBLUE 360℃囲んだBOICEと共に作った白熱の日本武道館2デイズ/レポート

 
CNBLUE 360℃囲んだBOICEと共に作った白熱の日本武道館2デイズ/レポート
Photo by Seitaro Tanaka

■CNBLUE/【SPRING LIVE 2016 ~We're like a puzzle~】ライブレポート
2016.05.26(THU) at 日本武道館

「50代になったら“あったかいおっさん”になって、皆さんと一緒にずっとライブをやりたいです」(イ・ジョンヒョン) 

ニューシングル『Puzzle』のリリースを機に、名古屋、東京、大阪で開催された『CNBLUE SPRING LIVE 2016 ~We're like a puzzle~』。4万人を動員した同ツアーの東京・日本武道館2DAYSの初日、5月26日(木)の公演は、冒頭で機材トラブルが発生。1曲目をほぼ演奏し終えた後、登場からやり直すという異例の措置がありながら、ハプニングを補って余りある熱量の一夜となった。

「すいません!」とトラブルをしきりに謝りながら、その代わりに「今日、全部捧げます」とジョン・ヨンファ(Gt,Vo)が誓った通り、10分ほどの待機時間を経て再開した彼らのライブはすさまじいものだった。スタートダッシュを切るランナーのような前傾姿勢でヨンファは「Puzzle」を伸びやかに歌い出すと、台の上に立ってギターをプレイするイ・ジョンヒョン(Gt,Vo)の隣に駆け上るようにして、投げキスを放つ。

身体に響いてくるイ・ジョンシン(Ba)のベースの音色、力強く打ち鳴らされるカン・ミンヒョク(Dr)のドラム。ヨンファは、ステージをぐるりと囲む花道を早々にダッシュして、後方座席の観客を沸かせることも忘れない。「Have a good night」「Catch Me」と連打、美しく洗練されたライティングも功を奏して、CNBLUEのスタイリッシュなダンスビートが武道館で脈打っていた。

あわせて読みたい

  • CNBLUE 新曲「Robot」もライヴ初披露、スペシャルなリリースイベント

    CNBLUE 新曲「Robot」もライヴ初披露、スペシャルなリリースイベント

  • CNBLUE 初アリーナツアー終了! 「4人でライヴしている時、“僕たちはCNBLUEだ”と感じる」

    CNBLUE 初アリーナツアー終了! 「4人でライヴしている時、“僕たちはCNBLUEだ”と感じる」

  • CNBLUE 新曲をファンに初お披露目した『CODE NAME BLUE』発売記念イベント

    CNBLUE 新曲をファンに初お披露目した『CODE NAME BLUE』発売記念イベント

  • CNBLUE “ファンへの恩返し”をテーマにオフィシャルファンミーティング開催

    CNBLUE “ファンへの恩返し”をテーマにオフィシャルファンミーティング開催

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年6月1日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース