CNBLUE 5周年アニバーサリーを告げるツアーで最高の一体感

CNBLUE 5周年アニバーサリーを告げるツアーで最高の一体感
Photo by Seitaro Tanaka
韓国出身4人組ロックバンドCNBLUEが、5月31日の大阪城ホールで『SPRING LIVE 2016 ~We're like a puzzle』のツアーファイナルを迎えた。本ツアーは5月11日にリリースされたシングル『Puzzle』を引っさげたSpring Concert。5月22日の名古屋・日本ガイシホールからスタート、26、27日の東京・日本武道館、31日の大阪・大阪城ホールという3都市4公演で4万人を動員。ここでは27日の東京・日本武道館でのライブの模様をレポートする。

日本メジャーデビューを発表した2011年の横浜アリーナライブから、アリーナの中央に設置されたステージを客席がぐるりと囲むセンターステージが定番となっているCNBLUE。今回のツアーはセンターではなく、通常のステージ位置の後方にセットを建ずに360度に客席を設けたステージ。LEDモニターの映像演出やセットに頼らず、パフォーマンスだけで勝負しようというロックバンドらしい潔さが見えるシンプルなステージ構成だ。

オープニングを飾ったのは、リリースされたばかりの新曲「Puzzle」。CNBLUE初のウェディングソングとして話題の曲だが、ボーカルのヨンファはスタートから飛ばし、メインステージを囲むように延びる花道からバックステージへ走る。バックスタンド客席から手を伸ばせば届く距離で演奏が繰り広げられる。「いつものセンターステージは回転してたけど、今日はステージが回らない代わりにフロント3人が走り回ります」とドラムのミンヒョクが言ったが、この距離感は興奮必至だ。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年6月1日の音楽記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース