90s

日本シリーズ巨人vs西武 プロ野球が国民的行事だった時代の黄金カード【プロ野球世紀末ブルース】

プロ野球では80年代から90年代にかけて、日本中が注目する黄金カードがあった。巨人と西武が激突する日本シリーズである。
今のように交流戦や侍ジャパンもまだ存在しない球界で行われる年に一度のガチンコ勝負。この時代、巨人と西武は83年、87年、90年、94年と計4回日本シリーズで顔を合わせているが、ビデオリサーチ社調べの日本シリーズ歴代視聴率ベスト10(関東地区)では、10試合中6試合を巨人対西武が占める。

会社をサボり喫茶店のテレビに群がるスーツ姿の男たち、小学校の視聴覚室でクラスみんなで見た日本シリーズ。まさにナショナル・パスタイム、国民的娯楽としてプロ野球が存在した頃の話である。

4タテも 絶頂期の西武ライオンズ


両チームの初激突となった83年は「史上最高の日本シリーズ」と称される逆転に次ぐ逆転の名勝負の連続。元巨人のスター選手、広岡監督率いる西武は2勝3敗と王手をかけられながら、ビデオを擦り切れるほど見て研究した江川・西本の二本柱を打ち崩し執念の逆転日本一に輝いた。

4年後の87年はあの清原和博がドラフトの因縁の相手「打倒・王巨人」を心に誓い、日本一直前に一塁守備位置で歓喜の涙。放送席のゲスト吉永小百合も思わずもらい泣き。このシリーズ第3戦に先発した怪物・江川卓はそれが現役最後の登板となった。

3年後、バブル真っ只中の90年。時代は昭和から平成へと移り変わり、ローリング・ストーンズやポール・マッカートニーといった大物歌手が続々とジャパンマネーに吸い寄せられ来日公演。そんな狂乱と喧噪の中で黄金時代を迎えていた西武は平成初対決となったLG決戦で藤田巨人を怒濤の4タテ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月8日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。