review

関根勤とデヴィ夫人賛否両論 ハリウッドザコシショウがテレビに残るには

関根勤は「ニュースター誕生だよね」と喝采し、デヴィ夫人は「あなた正気なの?」と眉をひそめた。
ハリウッドザコシショウである。

3月に行われた『R-1ぐらんぷり2016』(フジテレビ系列)で、強烈なインパクトを残して優勝したハリウッドザコシショウ。12日深夜、優勝のご褒美に冠番組『売れてる奴らに学ぶ!ハリウッドザコシショウ テレビの掟』(同)が放送された。
関根勤とデヴィ夫人賛否両論 ハリウッドザコシショウがテレビに残るには
イラスト/小西りえこ

「地下芸人」として活動していたザコシショウに、ロケや食レポなど「テレビの掟」を教えよう、というこの特番。スタジオには関根勤、デヴィ夫人、川田由美がゲストとしてコメントをしていたのだけど、関根さんとデヴィ夫人のコメントが100%真逆だった。

関根さんはずっと褒め、デヴィ夫人はずっとけなす。
そして二人とも、同じコメントは二度としないのだ。

とにかく褒め続ける関根さん、とにかくけなすデヴィ夫人


関根勤は『R-1』でも審査員を務め、ザコシショウに持ち点3つを全て投票していた。当時は「世間とズレたらどうしよう」と怖かったものの、蓋を開けてみれば優勝。「世間と同調していた。シンクロ関根だった」と笑う。

番組はVTRを見てスタジオでコメントを言う、という流れで進む。スタジオパートのたび、関根さんはずっと褒めるのだ。

登場すれば「ニュースター誕生だよね」、ロケVTRを見れば「飲み込みの早さスゴいじゃない」、武田鉄矢を誇張したモノマネには「シーンが浮かんだ」、ギャグがスベっても「森三中も出たてはこんな感じだったから」と、とにかく優しい。

あわせて読みたい

  • 総括「R-1」バカバカしさの快勝

    総括「R-1」バカバカしさの快勝

  • ザコシショウR−1決勝進出という事件

    ザコシショウR−1決勝進出という事件

  • レビューの記事をもっと見る 2016年6月14日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース