review

「大江さん、なんで私なんですか」と号泣した夜。テレ東・狩野恵里書『半熟アナ』

       
視聴率の話はひとまず横に置いといて。日常的にテレビを観る層と話をすると、テレビ東京の持つ人気の一際の高さを感じる。「この局が好き」と言いたくなるような個性とパブリックイメージは、やはりテレ東とTOKYO MXが双璧ではないだろうか。MXはUHFなので、キー局の中での“愛され度”はテレ東が一位かもしれない。
「大江さん、なんで私なんですか」と号泣した夜。テレ東・狩野恵里書『半熟アナ』
『半熟アナ』狩野恵里/KADOKAWA
「この表紙は写真写りが良すぎる!」とさまぁ~ずにツッコまれていたが、たしかにこの表紙の狩野アナは最高の写真写りだ。

では、“テレ東らしさ”を象徴する番組といえば何だろう? 今では太川陽介と蛭子能収の活躍が目覚ましい『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が真っ先に挙がるだろうし、過去を遡れば私なんかは『ヤンヤン歌うスタジオ』だと言ってしまいたくなる。
いや、冷静に考えれば同局の“最強コンテンツ”は『モヤモヤさまぁ〜ず2』になるだろうか。しかも定期的に発売されるDVDは、いつも好調な売り上げを記録。テレビ東京らしからぬ安定度である。

そんなこの番組のレギュラーに“安定”とは真逆にいるようなアナウンサーが就き、早3年が過ぎようとしている。

テレビ東京でしか開花しなかった


『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)の進行役が夏目三久アナから青山愛アナに変わった時はショックだったが、モヤさまの時はもっと衝撃だった。何しろ、大江麻理子である。女性アナウンサー界きっての高嶺の花。個人的には、女子アナの歴史を振り返るとここ30年で間違いなくフェイバリットの存在になる。

こうなると、逆に狩野恵里アナには同情してしまいたくなる。何しろ、あまりにも偉大な前任者。そこで、後任である彼女が思いを綴った著書

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。