90s

石原さとみ&上野樹里が姉妹役、劇中で突然歌い出す伝説のNHK朝ドラ

一方の夏子は早々にスケートをやめてしまうが、ジュニア選手権での演技を見に来ていた芸能プロダクションのマネージャーの目に留まり、芸能界への道を歩み始める。

スターダムにのし上がっていく2人の姉とは対照的なのが三女の秋子だ。ちょっと大人びた性格で成績優秀な秋子は、自宅の近所でインスタントラーメンの発明に情熱を燃やす奇妙な博士(日清食品創業者・安藤百福がモデル)や、芸術家・岡本太郎に魅せられた怪しい男らとの出会いを経て、普通の日常のなかに創造性を求めるという独自の生き方を見出していく。

そんな3人の姉に対して、鳴かず飛ばずなのが四女の冬子。スケートにも大して興味を示さず、学校の成績もぱっとせず、それらに若干のコンプレックスを抱くものの、基本、マイペース。モットーは「なるようになる」。向上心を抱きながら健気に頑張るといった朝ドラヒロインの王道とは真逆のキャラと言える。
ここ数年の朝ドラではわりと珍しくないパターンだが、「てるてる家族」の冬子はその走りと言っていい。当時17歳の石原さとみの素が現れたような天然キャラの魅力が十分引き出されていたといえるだろう。

劇中で急に熱唱! ミュージカル仕立ての斬新演出


そんな「てるてる家族」の、朝ドラの常識破りといえたのが、ミュージカル仕立ての演出だ。時代背景となった終戦直後から昭和40年代半ば頃までの、世相を反映する流行歌や映画音楽などがほぼ毎回流れ、演じている俳優たちが唐突に歌い出し、踊るのだ。

あわせて読みたい

  • "喫煙"で再放送されず 伝説の内田有紀主演ドラマ

    "喫煙"で再放送されず 伝説の内田有紀主演ドラマ

  • 菅野美穂がイグアナに!? 意外な役ばかりのアイドル初主演作

    菅野美穂がイグアナに!? 意外な役ばかりのアイドル初主演作

  • まるでコント!? 主要キャストの"死にざま"が面白かったドラマとは

    まるでコント!? 主要キャストの"死にざま"が面白かったドラマとは

  • 出演者が豪華すぎた「ランチの女王」を振り返る

    出演者が豪華すぎた「ランチの女王」を振り返る

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年7月5日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース