GACKT 歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せた“LAST VISUALIVE”最終日/レポート

 
GACKT 歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せた“LAST VISUALIVE”最終日/レポート

■GACKT/【GACKT WORLD TOUR 2016『LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle】ライブレポート
2016.07.03(SUN) at さいたまスーパーアリーナ

「命を懸けてみんなに届けたい、何か特別なものをみんなで探したい」(GACKT)

7月3日(日)、さいたまスーパーアリーナにて、約4か月に及んだ『GACKT WORLD TOUR 2016「LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle」』のファイナル公演が行われた。“VISUALIVE”とは、音楽、映像、パフォーマンスによって総合的に表現されるGACKTオリジナルのコンセプトツアーで、前作からは7年ぶり。まさに待望の開催となる。音楽のみならず、これまで自身が生み出して来た舞台作品や映画を包括する“MOON SAGA-義経秘伝-”という世界観を軸に、徹底的につくり込まれた4時間以上に及ぶステージ。GACKTは歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せて、壮大な物語へと12,000人の観客を誘っていった。

16時15分、GACKTの舞台作品『MOON SAGA‐義経秘伝‐第二章』の映像で第一部が幕開けた。「なぜ人は同じ過ちを繰り返すのか?」などと、殺し合いを止めない人類の根源的な愚かさを問い掛けるナレーションに続き、野に咲く花を踏みつけて戦場に赴く男たちの姿、やがて、何本もの矢が体に突き刺さり呻く源義経(GACKT)が映し出される。

GACKT 歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せた“LAST VISUALIVE”最終日/レポート

止めを刺すための「放て!」という異母兄・源頼朝の非情な号令を合図に無数の矢が放たれると、イントロがスタート、会場では観客がルミトンライト(観客が演出と連動してスイッチを操作し、色を変える)を点灯。巨大な骨のように見える禍々しくも美しいセットの前で、「ARROW」を披露した。漆黒のエナメル衣裳にドレッドヘア、赤く長い爪。ビジュアル・インパクトは相当なものだが、それを上回る、圧倒的な歌唱力に射抜かれてしまう。

続けて、笙や琴など和の楽器と古来の美しい日本語を織り込んだGACKT流変拍子プログレ「花も散ゆ」では、バンド・メンバーと揃って勇ましくヘッド・バンギング。スモークが立ち込める中、「RETURNER ~闇の終焉~」では繊細なファルセットを美しく響かせ、「RIDE OR DIE」においては、疾走するリズムとテンポに一見反するかのように、ゆったりと艶めかしく身体を左右に揺らす。背後では炎がめらめらと燃え盛り、ラストは特効の火薬が炸裂。まるでGACKTの威力が拡張し、その場のすべてを支配しているかのようにも思えて来た。

GACKT 歌い、踊り、奏で、演じ、多様な姿を見せた“LAST VISUALIVE”最終日/レポート

そして、「暁月夜 -DAY BREAKERS-」では静の世界へ一転。雨音が鳴る中ピンスポットに照らされ、アカペラで密やかに歌い始め、やがて情感を迸らせていく。合戦の映像が差し挟まれ、いつか会えた時はもう一度強く抱きしめてほしい、と今生では叶わぬ義経の願いを重ねるかのように熱唱。ばる(Dr)の激しいドラミングもその迫真の表現を後押しして強い印象を残す中、第一部は終幕した。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク