review

池上彰×テレビ東京の選挙特番はなぜ成功したか「強風でも髪型が崩れない」

投票日はテレビっ子にとってお祭りの日である。

午後8時ちょっと前。テレビ各局が特別編成に入る。時報と共に明らかになる出口調査の結果。その瞬間に始まるリモコン片手のザッピング。選挙特番をあれこれ比較しながら楽しむ夜の始まり。

そのお祭りがまたやってきた。第24回参議院議員通常選挙、投票日の7月10日だ。
池上彰×テレビ東京の選挙特番はなぜ成功したか「強風でも髪型が崩れない」
福田 裕昭+テレビ東京選挙特番チーム 『池上無双 テレビ東京報道の「下剋上」』 (角川新書) 著者名よりも池上さんの名前のほうが大きい。

牙をむく「ジャーナリスト池上彰」


お祭り、と言ったものの、選挙特番は基本「代わり映え」はしない。同じ情報を同じ時間帯に生放送するのだから無理もなく、内容は開票速報、各陣営との中継、党首のインタビュー、専門家による分析……といったところ。

だからこそ視聴率を取るためには「他局とどう差別化するか」を工夫せねばならない。番組セット、テロップ、キャスティング、プチ情報などなど、ここを変えてきたのかーと気がつくのが楽しい。

近年、この「差別化」を大胆に行ったのがテレビ東京だ。

2010年7月の参議院選挙。テレ東は新たに池上彰をメインキャスターにした『池上彰の選挙ライブ』を放送した。2010年は「いい質問ですねぇ」が『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップテンに入った年。池上さんに対する世間のイメージは「週刊こどもニュースのお父さん」「説明がわかりやすくて物腰が柔らかい人」だった。

ところがこの日、画面に現れたのは「ジャーナリスト池上彰」だった。
子供に優しくニュースを教えていたお父さんが、大物政治家相手に「いい質問」をガンガンぶつけたのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク