review

7月ドラマ22本を木俣冬が総チェック「神の舌を持つ男」「時をかける少女」…本当に観るべきはどれだ

(テレビ朝日/企画・原作:秋元康 脚本:徳尾浩司 喜安浩平 土屋亮一 演出:豊島圭介 古厩智之 吉田浩太 出演:欅坂46)
秋元康が欅坂46のために企画した学園ミステリー・コメディ。欅坂46ファンのためのドラマではあるが、
センスのいい小劇場系の脚本家と映画監督を集めてクオリティーの向上をはかっているので、1回目はとりあえず観る。

7月17日(日)よる9時
日曜劇場「仰げば尊し」
(TBS/原案:石川高子 脚本:いずみ吉紘ほか 演出:平川雄一朗ほか 出演:寺尾聡 多部未華子 石坂浩二ほか)
「JIN─仁─」や「天皇の料理番」など好視聴率番組を手がけた平川雄一朗演出で、ウェルメイドな学園ドラマになるだろう。80年代、神奈川県立高校のブラスバンド部で起った実話に基づいたドラマで、生徒役に佐野岳、真剣佑(千葉真一の息子)、村上虹郎(村上淳、UA の息子)、北村匠海などのイケメン新世代が出演するのも注目だが、「ゆとりですがなにか」の超絶ゆとり社員を演じた太賀を応援したい。

7月21日(木)よる10時
「営業部長・吉良奈津子」
(フジテレビ/脚本:井上由美子 演出:河毛俊作 出演:松嶋菜々子 松田龍平ほか)
産後職場復帰した主人公の奮闘を描く。脚本が「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の井上由美子。元はクリエイティブディレクターだったが育児休暇明けに営業に異動させられてしまう主人公(松嶋菜々子)を取り巻く松田龍平、板尾創路、原田泰造、DAIGO、高木渉など芝居が的確にできる俳優たちが集まった。フジテレビのベテランディレクター河毛俊作で手堅い作品になるのでは。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク