review

「独裁国家」のルールはひとごとではない。自由とはいつのまにか奪われているのだ「独裁者の部屋」

1.外出禁止令を守れ!
2.労働は人生だ!
3.互いに監視せよ!


廊下には「独裁国家」のルールが貼ってある。個室には簡素なベッドがあるだけ。あとは食堂と、キッチンと……車椅子がポツリと置いてある、この「尋問室」って何だろう?

男女8人が「独裁国家」と化した施設で8日間を過ごす。スウェーデン教育放送が制作したリアリティショー『独裁者の部屋』(NHK Eテレ 土曜24:00〜)だ。
「独裁国家」のルールはひとごとではない。自由とはいつのまにか奪われているのだ「独裁者の部屋」
ジョージ・オーウェル 『一九八四年』。「独裁国家」の娯楽室に同じものが何冊も置いてある。

独裁者の元で過ごす8日間


『独裁者の部屋』は、NHKが主催する国際番組コンテンスト「日本賞」で、2015年「青少年向けカテゴリー最優秀賞(外務大臣賞)」を受賞した作品。今年3月にNHK Eテレで放送され、今回はアンコール放送となる。7月3日には第1話と第2話が放送された。

施設に集められた男女は10代〜20代の若者たち。これから絶対的な権力を持つ「独裁者」のもとで8日間を過ごす。見事勝者になれば賞金10万スウェーデン・クローナ(約150万円)を獲得できるのだが、どうすれば勝利なのかは知らされていない。

初日の夜。独裁者は姿を見せず、手紙で指令を下す。

《市民諸君。我が社会では身の回りの品が限られている。よって諸君のカバンの中身を調べ、衣類以外の物は全て排除した》
《ただし、必需品を取り戻すチャンスを一度だけ与える。15種類の物を用意した。諸君の社会で使うことができる身の回りの品を5つ選べ。考える時間は15分》
《選んだ物以外は、いま身に着けている物もこの部屋に置いていくこと》

あわせて読みたい

  • 新「テラスハウス」第1回を観てみた

    新「テラスハウス」第1回を観てみた

  • 新テラハ、「運転下手そう」で男は凹む

    新テラハ、「運転下手そう」で男は凹む

  • レビューの記事をもっと見る 2016年7月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース