90s

初当選を果たした今井絵理子 SPEED時代の活躍を振り返る

7月10日に行われた参院選で、初当選した今井絵理子。
彼女が90年代をまさにものすごいスピードで駆け抜けたボーカル&ダンスグループ「SPEED」の一員だったことは、もちろん説明の必要はない。選挙戦の報道を見ながら、その鮮烈な登場を思い出した人も多かっただろう。

SPEEDは、沖縄出身の4人組ボーカル&ダンスグループ。最年長の新垣仁絵はデビュー当時、中学3年生。最年少の島袋寛子はまだ小学6年生の12歳だった。
その年齢らしい、子どもっぽいダンスや歌い方をするわけではない。当時の流行のダンスミュージックを、大人ばり(あるいはそれ以上)のパフォーマンスで踊り、歌う。今井のパンチある歌声、そして、当時の流行のひとつでもあった島袋のハイトーンボイスを最大限に活かした楽曲もまた、大きな話題を集めた。

"マゴギャル世代"のアイコン的存在だったSPEED


デビューシングル「Body & Soul」が発売されたのは、1996年8月。彼女たちがデビューしていきなりブレイクしたのは、出身の沖縄アクターズスクールの先輩である安室奈美恵の大活躍も前提にある。時はコギャル時代まっただなか。ミニスカ、厚底、茶髪に細眉、そして健康的な褐色の肌という、アムラー現象を巻き起こしたコギャルのカリスマが安室だとすれば、SPEEDはそれに続く、マゴギャル世代のアイコン的存在としてハマッた。

ちょっと大人びた少女たちが、ちょっと大人びた歌詞の歌を歌う。そこで歌われる世界観は、シブヤを中心に、どこか生き急ぐようなコギャル/マゴギャルたちの刹那感がギュッとしていた気がする。そんなわけで、同世代女子にも、圧倒的な支持を受けた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク