review

高木三四郎に遂に質問「飯伏幸太はWWEに行くのか?」

今回で3日目を迎える、DDT・高木三四郎インタビュー。はっきり言って、今回は山場です。必見です。みんなが聞きたいことを集中して聞いてしまっているし、高木大社長が一番伝えたいことがこの日のテキストに詰まってるから。ご覧ください。
PART1 PART2
高木三四郎に遂に質問「飯伏幸太はWWEに行くのか?」

「WWEには勝てない。勝とうとしちゃいけない」


――今回のWWE日本公演は「中邑真輔、凱旋!」という意味合いがすごく大きいと思うんですけど、実態としてはいわゆる“引き抜き”という話だったと思います。これって、高木さんは経営者としてどうお考えですか?
高木 そもそもこれには背景があって、「WWEネットワーク」という動画配信サービスをWWEは持ってるんですよ。日本の場合はテレビ局が映像を作り、そこから放映権料をもらってプロレス団体は成立してた。でも、WWEは最初から映像のセクションを持ってて、自社で制作した映像をテレビ局に販売していたんですね。そして今は、WWEネットワークで「24時間、いつでもWWEの試合を観ることができます」と打ち出しているんです。WWEには映像ストックがふんだんにあるので。で、今のWWEネットワークには会員が何万人もいるわけですよ(注:2016年4月現在で約182万人)。あのサービスは、月額が9ドル99セント。約1,000円くらいだと換算すると、18億ものお金が何もしなくても毎月入ってきます。これは大きい。かつてのWWEは「ロウが2.9%だ」とか「スマックダウンの視聴率が3%を切った」って、ケーブルテレビの視聴率を気にしていました。でも、今は加入者数を増やすことに専念しています。ただ、アメリカ国内のファンのパイはもう決まっちゃってる。だからアメリカ以外のパイ、海外の選手に食指を伸ばしにいく。土壌は、もう出来上がっていますから。世界中のプロレスラーの頂点はWWEで、みんなの中に「WWEに上がりたい」という意識ができているので、その辺は簡単。「ウチに上がんない?」「わかりました」みたいな。その流れは脅威と言うより、正直な話、もう無理ッスよね。

あわせて読みたい

  • 高木三四郎「路上プロレスDDTでやる」

    高木三四郎「路上プロレスDDTでやる」

  • 新日本プロレスが人気を取り戻した理由

    新日本プロレスが人気を取り戻した理由

  • スタン・ハンセン「首折り事件」の真相

    スタン・ハンセン「首折り事件」の真相

  • 常に新規の客をつかまえるつもりで試合をしなければいけない

    常に新規の客をつかまえるつもりで試合をしなければいけない

  • レビューの記事をもっと見る 2016年7月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら