review

広告主のわがままキタ!「とと姉ちゃん」104話

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第18週「常子、ホットケーキを作る」第104話 8月2日(火)放送より。 
脚本:西田征史 演出: 岡田健
イラスト/小西りえこ

やられた。女給さんたち、梢(佐藤仁美)以外は転職していた。
転職組と、ひとりだけカフェーに残った梢が屈託なくつきあいが続いていて良かったなあと思う。この世界は善意に満ちている。
彼女達が試食した美味しそうな料理──小麦粉以外に牛肉と西洋松茸(マッシュルーム)が入っているものーーは働く女性が作るにはちょっとハードルが高い。
「欧米人も気が利かないねえ」(梢の名台詞)
そこで、混ぜて焼くだけのホットケーキが俎上にあがった。昔、常子(高畑充希)たちが百貨店で食べた思い出の味がここに再び登場するのがニクい。
だが、まだまだ前途多難。

美子(杉咲花)は常子のディレクションに不満で編集部の空気が悪い。おまけに、広告主が勝手に次号にお得意先の奥様による「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」という料理を載せることを決めてしまう。
花山が危惧していた通りになってしまったのだ。
「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」は車エビに鯛のパイ包みで、庶民の手のでるものではない。
だが、料理を載せないで広告を入れないと立ち行かない・・・。困ってしまう常子・・・。
ちなみに、モチーフになっている「暮しの手帖」では、高級レストランのお料理を一般家庭で手軽につくれる
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「とと姉ちゃん」

朝ドラ「とと姉ちゃん」

“父親代わりの長女”ヒロイン、小橋常子を高畑充希が演じる。女ばかりの常子一家が激動の昭和を駆け抜けていく、小さな家族の大きな年代記。共演に、向井理、西島秀俊ら。NHKにて、2016年4月4日〜10月1日放送。

お買いものリンク