bit

2014年に流行した「デング熱」、今どうなってる?

中南米等で流行しているジカウイルス感染症、通称「ジカ熱」。
リオデジャネイロ五輪開幕で、さらに不安が広がっているが、もう一つ気になるのは「デング熱」のことだ。

報道はもっぱら「ジカ熱」で、世間的にもやや忘れつつある気がするけれど、2014年に流行した「デング熱」は今、どうなってるの?

厚生労働省のサイトを見ると、今年7月に、日本国内でフィリピンへの滞在歴がある女性一名のデング出血熱患者の死亡報道が発表されている。
また、国立感染症研究所のサイトでは、デング熱・デング出血熱の症例は、2011年~2016年第22週(6月8日現在)で計1,357例(デング熱1,310例、 デング出血熱46例、 無症状病原体保有者1例)。うち162例は2014年の国内感染例で、それ以外(1,195例)は国外感染例というデータがある。

意外に大きな数字で、あまりピンとこないけれど、いまデング熱は沈静化しているのか。
厚生労働省の感染症課に聞いた。

国内での感染は2014年以外、確認されていない


「デング熱は、国外からの『輸入感染』については例年200例前後あります。2016年も、7月10日時点で163例出ております。しかし、国内での感染は2014年に162例(同年の輸入感染は179例)見られた以外、確認されていません。2年前にデング熱の流行が大騒ぎになったのは、これまで輸入感染だけということで他人事のように考えられがちだったものが、約70年ぶりに起きた国内感染ということで、急に身近な脅威ととらえられたためですね」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク