90s

名舞台俳優に成長した森田剛 デビュー時から"ジャニーズらしくない"存在だった!

名舞台俳優に成長した森田剛 デビュー時から"ジャニーズらしくない"存在だった!
V6(イラスト:ハセガワシオリ)
映画『ヒメアノール』で狂気の殺人鬼を演じ、V6ファンだけでなく映画ファンも震撼させた森田剛。彼の演技力は、数々の舞台での活躍で業界では有名だったが、その演技力が今回の映画『ヒメアノール』は決定づけたといってもいいだろう。
しかし、彼は前から演技力に定評があったわけではないし、アイドルとしても優等生だったわけではない。どちらかといえばジャニーズアイドルの中でもアウトロー路線を行く存在だったのだ。
では、森田剛の足跡を追ってみよう。

ジャニーズJr.時代は三宅健とともにダントツの人気アイドル


1993年にジャニーズ事務所に入り、1995年にV6としてデビュー。入所からデビューまで2年というのはラッキーだ。それはジャニーズJr.時代から森田剛は三宅健とともに2大スターだったことも関係しているかもしれない。
圧倒的な人気を誇っていたことに加え、森田がダンスのセンスが抜群に良かった。ジュニアでもダンスの見本のような存在だったことから、彼がデビューすることに驚きはなかったのだ。

ジャニーズアイドルの中でも珍しい「陰の系譜」を継ぐ者


「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューしたV6は、ほかのジャニーズアイドルと同じようにアイドル雑誌の表紙を飾り、インタビューもこなし、バラエティにも出演。人気はうなぎ昇りだった。特に森田はV6の中でも年少で構成されたComing Centuryとしての活動も活発。
しかし、当時から森田にはちょっと陰があり、インタビューでも言葉は少なく、どちらかといえばインタビュアー泣かせの無口なアイドルだった。ジャニーズは、キラキラした笑顔のザ・アイドルが多いが、ときどき豊川誕のような陰あるアイドルが存在する。森田は完全にその系譜だろう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。