review

財政再建と女性スキャンダル、そしてヒラリーの夫・ビル・クリントンきょうで70歳

きょう8月19日は、アメリカ合衆国の第42代の大統領を務めたビル・クリントン(在任期間:1993年1月~2001年1月)の誕生日だ。1946年生まれの彼はちょうど70歳となる。

その1歳下の妻のヒラリー・クリントンは、先月26日に民主党の大統領候補に正式指名され、共和党のドナルド・トランプ候補を相手に、11月の大統領選挙に向けいよいよ本格的な選挙戦に入った。

もし、ヒラリーが大統領に選ばれたのなら、元大統領のビルがファーストレディならぬファーストジェントルマンということになる。大統領時代からすでに20年が経ち、そろそろ歴史上の人物になりかけている彼がふたたび表舞台に出てくるとして、妻に対してどんな貢献をはたすのか、気になるところではある。
財政再建と女性スキャンダル、そしてヒラリーの夫・ビル・クリントンきょうで70歳
西川賢『ビル・クリントン 停滞するアメリカをいかに建て直したか』(中公新書)。帯にはクリントン夫妻の写真。本書によれば、夫の大統領在任中のスキャンダルは、いまなお妻が選挙戦を展開するなかでたびたび批判されるという。夫妻がいかにこれを乗り越えていくのかも注目である

ともあれ、このタイミングでその業績を振り返ってみるのも悪くはない。折しも最近になって中公新書から、政治学者の西川賢(現在、津田塾大学准教授)による評伝『ビル・クリントン 停滞するアメリカをいかに建て直したか』が刊行された。この記事では本書の内容を踏まえながら、その半生をちょっとたどってみたい。

ダメージからの強靭な回復力


クリントンの伝記を読んでいて、まず強く印象に残ったのは、彼がダメージを受けるたび即座に対処し、強靭な回復力(レジリエンス)を示してきたことだ。

たとえば、1978年、32歳にしてアーカンソー州知事に就任したものの、1期目を終えた2年後の知事選に敗れ、下野したときのこと。再起を期して動き始めたクリントンは、テレビCMをつくって州内で流している。そのなかで彼は、選挙戦の敗因とされた知事在任中の政策のひとつ、自動車登録料の値上げについて、それが「州民の気分を害した」ことを認め謝罪しながらも、値上げを決断したこと自体は正しいことだとして、あくまで自らの正当性を主張したのだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク