90s

松坂大輔、「怪物」と呼ばれた早熟の天才投手【プロ野球世紀末ブルース】

松坂大輔、「怪物」と呼ばれた早熟の天才投手【プロ野球世紀末ブルース】
西武時代の本拠地・西武ドーム
現在の「日本のエース」は誰だろうか?

ダルビッシュ、田中将大、マエケン、それとも大谷翔平か? 意見は分かれるところだろうが、10年前は日本のエースと言えば、満場一致で松坂大輔だった。今、あらためてこうして書くと感慨深い。ついでに「ジャイロボール」と真夜中にひとり呟いてみると、死ぬほど懐かしい。

「自信から確信に」コメント力があった松坂大輔


毎年、夏の甲子園の時期にテレビで繰り返し流れるのは、横浜高校時代のエース松坂の勇姿だ。決勝戦でノーヒットノーラン達成。甲子園春夏連覇投手にして、プロ入り後はルーキーイヤーに16勝を挙げ最多勝獲得。
その漫画のようなスーパーヒーローキャラに加えて、18歳の松坂にはファンやマスコミを喜ばせるコメント力があった。ロッテのエース黒木和宏との投げ合いに敗れ、「必ずリベンジします」と口にした6日後の再戦で3安打10奪三振のプロ初完封勝利。天才イチローを3打席連続三振に斬って取り、「自信から確信に変わりました」なんてお立ち台で笑ってみせるハートの強さ。

17年前、ルーキー時代の松坂とバッテリーを組んだ中嶋聡(現日本ハムGM特別補佐)は「歴代いろいろな投手の球を受けてきたけど大輔の場合は入団した時から、18歳だけど18歳のボールではなかったですね」と当時を懐かしむ。

プロ野球を席巻した松坂、苦悩の30代へ


1980年9月生まれの松坂は、猛スピードで世紀末の日本を駆け抜けてみせた。

あわせて読みたい

  • 「スポーツマンNo.1決定戦」から広まったスピードスター松井稼頭央【プロ野球世紀末ブルース】

    「スポーツマンNo.1決定戦」から広まったスピードスター松井稼頭央【プロ野球世紀末ブルース】

  • 記録0枚だった! 松坂大輔の「ストラックアウト」挑戦

    記録0枚だった! 松坂大輔の「ストラックアウト」挑戦

  • 流行語大賞も過去の栄光……「野球を舐めてる」松坂大輔の惨状

    流行語大賞も過去の栄光……「野球を舐めてる」松坂大輔の惨状

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年8月24日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース