review

「HUNTER×HUNTER」8巻。ゴルゴ13より割高な殺し屋一族・ゾルティック家

冨樫義博が『HUNTER×HUNTER』を休載してから8週間が経った。復活を祈願して今回は単行本第8巻を振り返る。発売されたのは2000年の4月上旬。フジテレビ系のアニメでは、ゴンがヒソカのプレートをかすめ取った回が放送されていた時期。
8巻自体はヨークシンシティで行われるオークションの話が中心であり、金の絡む話が多い。
「HUNTER×HUNTER」8巻。ゴルゴ13より割高な殺し屋一族・ゾルティック家
表紙裏のエジプトの観光写真から始まり、エジプト旅行記が3話、各話間に挟まれている。土産屋で受け取ったお札は猫のおしりの臭いがしたらしい。

ゾルティック家とゴルゴ13


殺し屋一族のゾルティック家の次男・ミルキは19歳にして身長182cm、141kgの巨漢。
オークションで58億ジェニー(1ジェニー=0.9円/8巻p102参照)の値段を掛けられている幻のゲーム『グリードアイランド』を手に入れるため、9年ぶりに家を出る。

親父 取引だ
15人殺るから150億ほど貸してくれ

10歳……位だったかな
最後に外出したのって


ミルキの預金額は127億。確実に競り落とすためには倍の資金は用意しておきたい。一人10億ジェニー(9億円)で父親の仕事の手伝いをすることにした。殺し屋の相場的に、この値段が高いのか安いのか、ゴルゴ13を基準に考えてみる。
ゴルゴ13の主人公はデューク東郷。世界一腕の立つ殺し屋と呼ばれている男。依頼人が死んでも、気が変わってキャンセルを申し出ても、一度受けた仕事を完遂させる(一部例外あり)。
そんなゴルゴに支払われる報酬は数万ドルから数十万ドルが相場。円換算すると数百万〜数千万。それに対して、ゾルティック家の単価は9億円以上。ゴルゴがリーズナブルなのか、ゾルティック家が割高なのか。ここで少し殺し屋家業から離れた観点で考えてみたい。

あわせて読みたい

  • 「H×H」ヒントを「キャプ翼」にもらう

    「H×H」ヒントを「キャプ翼」にもらう

  • ハンゾーの微妙席移動「H×H」 5巻

    ハンゾーの微妙席移動「H×H」 5巻

  • レオリオの魅力「H×H」4巻

    レオリオの魅力「H×H」4巻

  • 『H×H』3巻。マジタニの誤算

    『H×H』3巻。マジタニの誤算

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年8月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース