review

常子は「ゴジラ」を観ていたのか「とと姉ちゃん」126話

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第21週「常子、子供たちの面倒をみる」第126話 8月27日(土)放送より。 
脚本:西田征史 演出:安藤大祐
常子は「ゴジラ」を観ていたのか「とと姉ちゃん」126話
先週の「とと姉ちゃん」より
イラスト/小西りえこ

125回のレビューで「シン・ゴジラ」のことを書いたら、126回で「ゴジラ」(54年の初代ゴジラ)の話題が登場。このシンクロに、今週も張り切って参りましょう!
まずは、21週のおわり、126回のおさらい。

「君は社員が毎日しあわせに働いているかどうかをいつも気にかけている番人になれ」
「そして、社員が仕事のことで外部と面倒なことになったらまずは君が出ていって謝れ。
 謝るということは会社の代表として一番大きな仕事だ」
「わたしはわたしのやり方で戦う」 


登場した頃の花山(唐沢寿明)はとっても魅力的だったのだが、最近、なんだかおかしい。
主人公みたいと喝采したのが、本物の主人公的によろしくなかったのか、精彩を欠きはじめている。
上記のセリフが最たるもの。常子(高畑充希)に面倒なことを押し付ける勝手な人としか思えない。
ここは常子に「花山さんったら!」とか軽くでもいいからツッコんで、笑って済ませてほしかった。

しかも、おそらく、この花山の言葉が常子の女としての幸せ探求をストップさせてしまうことになるのだろうと思うと暗澹たる気持ちに。

その女としての幸せ部分。毎週木曜日に星野(坂口健太郎)の家に行き、子供たちと過ごしていたが、星野の会社の繁忙期も終わってしまい、最後の夜。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

とと姉ちゃん

とと姉ちゃん

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のレビュー連載。

2016年8月29日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。