review

安易な「泣かせ」に走らない、だから響く「甘々と稲妻」8話

40万部を突破した大ヒット中の絵本、のぶみ『ママがおばけになっちゃった』は、交通事故でママを亡くした4歳の息子のところにママがおばけになってやってくる話だ。母を亡くした幼児の物語という意味では『甘々と稲妻』と同じだが、「泣かせ」に対する姿勢は180度違う。親を亡くした子どもをわんわん泣かせて読み手(子の親)の涙腺を刺激する『ママがおばけになっちゃった』に対し、極力そのような描写を避けつつ、それでも時折ホロリとさせる『甘々と稲妻』。どちらが正しいというわけではなく、好みの問題でしかないのだが、筆者は圧倒的に『甘々と稲妻』の方が好みである。というか、『甘々と稲妻』は4歳の娘と一緒に観たいけど、『ママがおばけになっちゃった』はあまり娘に読ませたくないのよね。「ママがいなくなる」という「泣かせ」が強すぎるから。

ちなみに先のセリフで、公平が自分のことを「おとさん」ではなく「父さん」と呼んでいたことが少し気にかかっている。何か意味があるのだろうか。

過去と未来をつなぐイカと里芋の煮物


というわけで、公平と小鳥はつむぎにとって“ママの思い出の味”であるイカと里芋の煮物作りにチャレンジ。「つむぎちゃんの食べたい味と違ったら、ごめんなさい」と勝手にプレッシャーを感じる小鳥が健気だ。

イカの下ごしらえから始めて、基本に忠実に、でも手抜きせず、イカと里芋の煮物を作る3人。このアニメの作り方にも重なる部分を感じる。同時に複数のおかずを作ることができるようになったのは、料理のスキルが上がってきている証拠。かくして、煮物、豆腐と長ねぎの味噌汁、ガス釜で炊いた白めしの3点セットが完成! 

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。