review

DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

“帝王”高山善廣と小学3年生の大型ルーキーがDDTに参戦


この日、DDTから2選手が紹介された。一人目は、12月4日にデビューが決まっている大型ルーキー・ゆに君(小学3年生)。
「ゆにです! デビューしたらKO-Dのチャンピオンベルトを必ず獲るので、応援してください!」
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

もう一人は、9月からDDTにレギュラー参戦することが決まった大物。“ダン、ダン、ダン!”という聴き馴染みのあるテーマ曲に乗って入場してきたのは、「プロレス界の帝王」の異名をとる高山善廣だ。
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

「高木大社長から『DDTをぶっ壊してくれ』と言われた。20周年、DDTは俺が破壊するぞ。行くぞ、ノーフィアー!」(高山)
「DDT、秋の2学期から新しいお友達が増えました!」(高木大社長)

■バックステージでの会見
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

ゆに君 デビューしたらKO-Dのチャンピオンベルトを獲って、誰がかかってきても勝てるようにがんばりたいです。
高山 ゆに君に勝てるようにがんばりたい!
――お二人がDDTに上がることになった経緯は?
高木 まず高山選手なんですけど、DDTが今後より広い一般層だったり地方展開だったり、ファン層を開拓していくためには世間に知名度のある方に定期参戦していただきたいというのが自分の中にありまして。高山さんには、DDTで思う存分暴れ尽くしてほしいなと。「シン・ゴジラ」ならぬ「シン・タカヤマ」として暴れてほしいなと思っております!
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

そして、ゆい君。私がとある大阪大会で売店に立っていたところ、お母さんとゆに君が現れまして、お母さんから「DDTさんの入門テストにうちの息子を受けさせてもらえませんか?」というお願いがありました。最初は「えっ、冗談でしょ!?」と思ったんですけど、お母さんのすごく熱心な思いと、ゆに君の眼差しがキラキラしてたんですよね。書類選考で不合格にすることもできたんですが、「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神でやって来ましたので受け入れてみようかなと。もちろん入門テストに関してはDDTが設けている基準で全部やってもらい、驚くことにクリアしたんですよ! 年齢は幼いけれども一つの可能性を見出し、ゆに君をDDTの練習生として採用しました。竹下(幸之介)が入門した時は15歳で、「ちょっと待て」と2年後の17歳で武道館でデビューさせました。で、ゆに君は今8歳。僕はゆに君が18歳になる10年後を見たんです。その可能性に賭けてみたいと思います。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク