review

幼稚園でも人間関係は難しい「甘々と稲妻」11話

台風が次々とやってきて、まだまだ暑さは残っているけど、気分はそろそろ秋。秋といえば、実りの秋、食欲の秋! というわけで、今クール屈指の飯テロアニメ『甘々と稲妻』。先週放送の第11話「おゆうぎ会とさつまいもクレープ」を振り返ってみよう。

秋は学校などで行事の多い時期。つむぎ(演:遠藤璃菜)の通う幼稚園ではおゆうぎ会、小鳥の通う高校では文化祭の準備が行われていた。

同級生の子に「おゆうぎ会、何やるか決めた?」と聞かれて、「つむぎはね、ガリガリさんやるの!」と勢いよく答えるつむぎ。ガリガリさんとは、女の子が連れているピンクの羊のこと。つむぎの自宅にあるぬいぐるみと同じだ。

ところが、幼稚園が用意していた役柄にガリガリさんは入っていなかった。
「ガリガリさんやりたいなんて……つむぎちゃん、ヘンだよね」と同級生で気の強いハナ(演:安藤紗彩)が言い放つ。
「な、なんでそういうこと言う?」とつむぎが抗議するも、ハナは仲良しのゆうか(演:久我心麦)と一緒につむぎを置き去りにしてしまう。

ちなみに筆者の娘もつむぎと同じ年中さんなのだが、こういう女の子同士の仲間外れはわりとカジュアルに行われている。リーダー格の女子たちに「遊んであげない!」とのけものにされたり、女子に大人気の『魔法つかいプリキュア!』ごっこでプリキュア役をやらせてもらえず、モフルンという丸っこい妖精役しかやらせてもらえなかったりする娘が不憫で仕方ない(本人や先生から話を聞いている)。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク