bit

NASAが「13星座に変更」とのデマ拡散 占星術に影響との勘違いも

NASAが「13星座に変更」とのデマ拡散 占星術に影響との勘違いも
NASA Space Placeよりキャプチャ
毎朝のテレビなどでおなじみの星座占い。自分の星座を知らないという人はほとんどいないだろうが、NASAの発表によって星座が変更になるというデマがネット上で広がり、混乱する人が続出しているようだ。

NASAが12星座を否定?


ことの発端は、教育向けサイト「Space Place」でNASAが「占星術は科学ではなく、占星術で使用されている黄道十二星座からはへびつかい座が除外されている」という記事を発表したこと。天文学的にはへびつかい座も含めた13星座が正しいそうだ。




この記事を海外メディアなどが広めたため、「NASAが12星座占いを否定」「11月29日から12月16日生まれの人はへびつかい座になる」という説が一気に拡散。しかもそれに合わせて、他の星座の日付も変わるというのだ。

しかし、NASAのこの記事はあくまで「天文学」の上での話であって「占星術」とは関係のない話。9月21日にはNASAが「NASAが星座を変えたって? いや、わたしたちは計算上の話をしただけです」とTwitterで公式に否定する事態に。海外メディアの取材に対しても明確に否定の声明を出しているよう。

日本でも誤報が拡大する事態に


海外メディアはそこで訂正記事を出して終息を迎えたようなのだが、日本では少し遅れて誤報の方から拡散されてしまい、「まじかよへびつかい座になっちゃったよ…」「獅子座にチェンジしました!」とネットユーザーも悲喜こもごもの反応を見せる。

そもそも占星術では、星座の間の太陽の通り道にある星座を「黄道12星座」としている。太陽の通り道にはへびつかい座も存在するのだが、12カ月のカレンダーとずれが生じるために、へびつかい座が除外されてしまったそう。1995年にイギリスの天文学者がこれを引き合いに出して「13星座占い」を提唱して以来、13星座説を支持する人も一部存在するようだ。

占星術に関しては誰が決定するということでもないので、12星座、13星座ともにどちらが間違い、正解ということも言えないが、少なくともNASAが12星座での占いを否定したというのは明確な間違いのようだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2016年9月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら