review

今夜スタート、バカリズムがリメイク「黒い十人の女」原作を知るともっと面白い

今夜11時59分から新木曜ドラマ「黒い十人の女」(読売テレビ制作・日本テレビ系)がスタートする。このドラマの原作はいまから半世紀以上前、1961年に公開された同名の映画だ。オリジナル版の監督は「犬神家の一族」や記録映画「東京オリンピック」などで知られる市川崑で、脚本を市川の妻にして名コンビと謳われる和田夏十(なっと)が手がけた。今回のドラマでは脚本をバカリズムが担当する。ピン芸人として自ら演じるだけでなく、近年では連ドラ「素敵な選TAXI」などで脚本家としても注目されるバカリズムだけに、今回のリメイクには期待が高まる。

オリジナルの「黒い十人の女」は1997年にニュープリントによりリバイバル上映され、私も渋谷の映画館まで観に行ったのをよく覚えている(たしか本編の前にもう一本、60年代に市川崑が撮ったコマーシャルフィルムも上映されたのだった)。
今夜スタート、バカリズムがリメイク「黒い十人の女」原作を知るともっと面白い
市川崑監督の映画「黒い十人の女」DVDには、1961年の公開当時の予告編とあわせて、1997年のリバイバル上映時の予告編も収録されている。後者では出演者の一人である岸田今日子がナレーションをあてていて、何だかおどろおどろしい

リバイバル上映は、このころピチカート・ファイヴのリーダーだったミュージシャンの小西康陽による再評価がきっかけとなっていたはずだ。小西はその十数年前に「黒い十人の女」を東京国立近代美術館のフィルムセンターで観て、市川崑を“発見”したという(小西康陽『ぼくは散歩と雑学が好きだった』朝日新聞社)。べつの文章で小西は、「黒い十人の女」についてその「圧倒的なグラフィックセンス」を讃えている(小西康陽『これは恋ではない』幻冬舎)。

たしかに「黒い十人の女」のグラフィックセンスにはいまだに目を見張る。冒頭で、夜道をゆくひとりの女(山本富士子)を8人の女が一直線に並んで追いかけるカットからして、スタイリッシュでしびれてしまう。なお、このとき女がタイトルの人数より足りないのは、一人が然る事情から死んでしまっているから。死んだのは宮城まり子演じる印刷所の経営者だ。冒頭の場面で宮城が亡霊として現れるのが、どうにも人を食っている。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース