韓国出身のアジアNo.1マルチエンタテインメントグループ・SUPER JUNIORのメンバーであるイェソンが、10月19日(水)に自身初のソロシングル『雨のち晴れの空の色』のリリースを記念して、LINE LIVEを1日ジャックし話題となった。

「イェソン SURPRISE DAY #1」として、まずは毎日生配信されているLINE LIVEオリジナルの人気番組トークバラエティ「さしめし」に11月3日(木・祝)公開の、イェソン主演映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』で共演をした吹越満と生出演。シングル曲「雨のち晴れの空の色」を二人で歌ったり、ギターセッションをしたり、ツーショットでセルカを撮ったりと、言葉の壁を超え仲睦まじく番組は進行した。

その後「イェソン SURPRISE DAY #2」として、映画のタイトルと韓国語の先生という役柄にちなんで東京都練馬区にある武蔵大学の韓国語の授業にいきなり先生となって飛び入り参加。学生は何も知らなかったため、突然のイェソンの登場に教室は騒然となった。イェソンが先生となり進める授業では、発音の練習や学生からの質問に韓国語で答えるなど緊張する学生を前に、まるで先生のように授業を進行し和やかなムードとなった。

さらに「イェソン SURPRISE DAY #3」として、シングルリリース日ということもありタワーレコード渋谷店にサプライズ訪問。店頭に大きく展開されていたイェソンのパネルにサインをするなど、店内にいるお客さんもイェソンの訪問に驚いていた。