review

「べっぴんさん」20話。部屋が暗い、声が小さい、でもそこがいいんだ

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「四つ葉のクローバー」第20回 10月25日(火)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:安達もじり
「べっぴんさん」20話。部屋が暗い、声が小さい、でもそこがいいんだ
イラスト/小西りえこ

20回まで来た「べっぴんさん」。女学校時代のお友達・良子(百田夏菜子)との再会は「すみれ(芳根京子)のこれからを大きく変えるものになる」とナレーション(菅野美穂)。
まだまだ変化の前で、20回も暗くてひっそり。でもそれこそ情緒があっていいと思うのだ。

まず、良子の家の中が、再会の喜びやお互いの子供への愛などよりも、戦争の闇は大きいのだと感じさせる、思い切った暗さ(照明)。
そして、すみれと良子の話し方がひっそり。
この日の「スタジオパークからこんちには」は靴屋の麻田役・市村正親で、職人でふだんそんなにたくさんしゃべらないから声を小さめにしている、というようなことを言っていて、なるほど! すみれと良子も、このように、雨漏りを器で受けているほど貧しくちいさなおうちのなかでは声を潜めてしまうものだよなあと納得した。

ささやくような声で「男の子はポケットが好きなの」なんて嬉しそうに言う良子。
落ちないように入り口狭くしている、などという手芸トークをしながら、良子のつくったものを嬉しそうに見るすみれ。
薄暗い部屋で小さな声で、ささやかな楽しみにしばし笑う姿はいとおしい。

その後、ふたりはもうひとりのお友達・君枝(土村芳)を訪ねる。

あわせて読みたい

  • 「べっぴんさん」百田夏菜子15歳上は嫌

    「べっぴんさん」百田夏菜子15歳上は嫌

  • 1週めを一気に復習「べっぴんさん」

    1週めを一気に復習「べっぴんさん」

  • 「べっぴんさん」なぜ盛り上がらないの

    「べっぴんさん」なぜ盛り上がらないの

  • べっぴんさん」1しょんぼり視聴率心配

    べっぴんさん」1しょんぼり視聴率心配

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年10月26日のレビュー記事
    「「べっぴんさん」20話。部屋が暗い、声が小さい、でもそこがいいんだ」の みんなの反応 1
    • Shinobu 通報

      自分も今回のドラマは映像が綺麗だなあ、と思いながら見てます! おっしゃられてる光の使い方とか時折俯瞰して撮る撮影とか、スタッフさんが気を使っているのを感じます。

      4
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    べっぴんさん

    べっぴんさん

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のレビュー記事一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース