review

最高の高橋一生の予感に震える「プリンセスメゾン」

そもそも、原作では第1話冒頭からモデルルーム見学の常連である沼ちゃんが、ドラマでは開始13分経ってから、初めてのモデルルーム見学に出かける。スタート地点からして違うのだ。沼ちゃんを常連にしなかったのは、彼女を視聴者と同じ状態におき、より親近感をもたせるためかもしれない。

他にも挙げていけばきりがないが、じつに自然に、効果的に原作が再構築されている。原作では沼ちゃん以外の女性たちの物語もかなり多く描かれ、沼ちゃんがまったく登場しない回もあるため、連続ドラマにしたときどうなるのだろう? と思っていたが、この先もかなり期待できそうだ。

自らをモデルにした役を演じる高橋一生


沼ちゃんを演じるのは森川葵。ひとりで毎日つつましく暮らし、まじめに働く女子がよく似合う。また、持井不動産のベテラン派遣スタッフ要を演じる陽月華が、なんともいい。沼ちゃん、後述の伊達さんと、メインどころの二人がどちらも表情がなかなか読み取れないキャラクターなのに対し、セリフ、間、動きすべてが豊かな要を好演している。

しかし。私はこのドラマ最大の見どころとして、持井不動産の有能な社員・伊達を演じる高橋一生の存在を推したい。
じつは若干10歳でこの世界にデビューしている高橋。以来、映画やドラマにコンスタントに出演していたが、長く「知る人ぞ知る」役者だった彼が世間的に大きくブレイクしたといえるのはやはり昨年の「民王」だろう。総理とその息子が入れ替わるという物語で、切れ者の総理秘書・貝原を演じた高橋。回を追うごとに人気を獲得し、とうとう貝原主演のスピンオフが放送されるまでになった。

あわせて読みたい

  • 住みたい街No.1 吉祥寺に宣戦布告

    住みたい街No.1 吉祥寺に宣戦布告

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年11月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース