bit

『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治監督が語る、アニメに実在の街が登場するようになった経緯

       
「ちょっぴりリアルを入れていくと作品そのものがすごくリアルになっていくという体験を、『幻魔大戦』辺りからし始めました。知っている街が壊れていくということを、アニメの中で初めて観たんです」(神山監督)

しかし、作品にリアルを注入するには障壁が付き物です。
「『東のエデン』でとあるショッピングモールに申請を出した時、結果的にOKが出たのはシネコンだけでした。他の商業施設はテナントごとに許可を取らなければならず、かなりハードルが高くて……。じゃあ、そこを『主人公の滝沢君の家にしてしまえ!』と。彼は映画が好きという設定もあったので、彼の家そのものがシネコンだったら楽しいかもなって。僕自身、もし家がシネコンだったら楽しいと思いますので(笑)。今思うと、よく使わせていただいたなと思います」(神山監督)

新作『ひるね姫』の舞台が岡山になった理由


神山監督の4年ぶりになる新作映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が、来年の3月に公開されます。同作の舞台は、岡山県の児島。高校生の女の子・森川ココネと、自動車の改造ばかりしている元ヤンキー(?)のお父さんによる物語です。
『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治監督が語る、アニメに実在の街が登場するようになった経緯

「瀬戸内海の方に行ったことがなかったので、一人で旅して。倉敷とか尾道まで行ってみようかなぁって。ふと、途中で高速降りたいなあと思ったんですよ。すごい素敵な景色だなと思って、わざと車をそこで停めて街を歩いたんですけど、すごい牧歌的だしね。割りと僕は殺伐としたアニメを作ってきた方なんで、やわらかいものを作りたいと思っていた時期でした。時間もゆっくり流れていて、こういう感じを自分も欲してるなぁというのがあって『ここを舞台にしたら面白いかもしれない』と。自分が育った街ではないので、ついつい東京を舞台にしてしまうんですけど」(神山監督)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。