先月22日、横浜アリーナで行なったライブイベント「PERFECT HALLOWEEN 2016」にアイドルグループ・欅坂46が出演した。このときの衣裳がナチスドイツの軍服を想起させるとして、ユダヤ人団体などが批判、欅坂46の秋元康総合プロデューサーら運営側が謝罪するにいたった。

もはやネットでとりあげるには時機を逸した感があるし、欅坂46のファンの自分としてはニュース記事で、例の衣裳を着たメンバーの写真を見るのは正直つらかった。だが、ファンだからこそ、この問題には真正面から向き合うべきではないかとも思う。ここは自分なりに考えたことを書いておきたい。
欅坂46の衣裳騒動から考える。ナチスタブーと表現の自由は両立するか
『絶対の宣伝3 煽動の方法』。評論家の草森紳一がナチスドイツのプロパガンダについて膨大な資料からつぶさに検証した全4巻のうちの第3巻。同シリーズは1970年代に刊行され、昨年より文遊社で復刊が始まった

あらためて確認しておくと、今回の欅坂のメンバーの衣裳は、ライブイベントのため特別に用意されたものだった。ただし、ステージでのパフォーマンス時の衣裳は、写真で見るかぎり、黒のミリタリールック風とはいえ、ナチスを連想させるとはいいがたい。実際、主に批判の的となったのは、べつの場面でメンバーがこの衣裳の上から着用していたマント、そして帽子だった(ライブではこの格好をしたメンバーが客席を練り歩きながら菓子を配ったという)。

問題視されたのはおそらく、帽子に鷲のマークがついていたからだろう。草森紳一『絶対の宣伝5 煽動の方法』によれば、鷲のマークはもともとプロシア(ドイツ帝国)のシンボルで、ヒトラーはこれを引き継ぎ、ハーケンクロイツ(鉤十字)と組み合わせて積極的に用いた。よって、たとえそのつもりがなくても、ナチスをモチーフにしたと思われてしまうのはしかたないだろう。これが鷲ではなく鳩か何かほかのマークに変えてあったのなら、また話は違っていたかもしれないが。