90s

とろサーモン・久保田「人間としては0点」 でも芸人が嫉妬する才能

意外と知られていないかもしれないが、その受賞歴も華々しい。

・2005年:オールザッツ漫才準優勝
・2006年:弟27回 ABCお笑いバトル新人グランプリ 最優秀新人賞
・2006年:爆笑オンエアバトル 第8回チャンピオン大会出場
・2006年:オールザッツ漫才 優勝
・2007年:笑いの超新星 最優秀新人賞
・2008年:第8回 NHK上方漫才コンテスト最優秀賞

なかでも「上方漫才コンテスト最優秀賞」といえば、若手漫才師にとってもっとも誉れ高いステータスである。かのダウンタウンやチュートリアルも最優秀賞を逃しているだけあって、かれらの実力は折り紙つきなのだ。

性格が悪い? でも芸人としては100点!?


経歴を見ればスーパーエリートである事は一目瞭然だが、東京進出を果たして以降も爆発的なブレイクには一歩及ばず……。芸人仲間からは、「“売れそこねた”のは久保田の性格の悪さのせい」「相方村田さんはめっちゃ良い人」などとたびたびネタにされてきたが、それも久保田の持ち味の一つ。

過去には妻の財布から金を抜き取り警察沙汰になった事件や、彼女をガールズバーで働かせていたエピソードなど、プライベートでも「カスネタ」は尽きない。
南海キャンディーズ・山里とNONSTYLEもまた、ラジオで「同期で一番クレイジー」「面白いだけに売れて欲しくない」「あいつに権力を持たせたらヤバい」と久保田の紙一重さを暴露している。ちなみに、同ラジオでは「村田さんはとてつもなく良い人で芸達者だから売れてほしい」と語られている。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年11月18日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース