review

「響け!ユーフォニアム2」8話。これから全国大会だというのに暗雲が

麻美子は、嬉しそうだ。久美子は、楽しそうだ。
あの喜びは、今は2人の中にはない。

ゆらがない男性の目線


今回は3人の男性が目立っていた。
いずれも、子どもたちに信頼感を与える、揺らがない教育姿勢を見せている。

・久美子の父親
久美子の父親、黄前健太郎は昔ながらの、厳格な父だ。
今までの回を見ると、あまりしゃべる方ではなさそうだ。

姉の麻美子が大学を辞めて美容師になりたい、と言った時。
「大学に行くと決めて、受験したのはお前自身だ。違うか。もし本当に辞めるなら、この家から出ていきなさい。生活費も、美容師になる費用も、自分でなんとかしろ」
「リスクを背負わずに、やりたいことができると思うな。お前の言っていることは、あまりにも自分に都合が良すぎる。本気なら覚悟を示せ」
厳しい言葉だが、「自分で覚悟して挑むのならばやれ」という意味をちゃんと含んでいる。
久美子曰く、家賃も学費も親に払ってもらっている麻美子。
自由を奪うのではない。
行動には責任が伴う。母親にさんざん食いついた麻美子も、何も言い返せなくなっている。

・滝先生
「田中さんが今週末までに、部活を続けていくことの確証が得られなかった場合、全国大会の本番は中川(夏紀)さんに出てもらうことにします」
最初から「決定」として、顧問の滝先生は発表した。

7話では、部活動を辞めさせようとする田中あすかの母親に対して、確固とした態度で話している。
「私は何があっても、その退部届を受け取るつもりはありません」「私は本人の意思を尊重します。田中さんが望まない以上、その届けは受け取りません、何があってもです」

あわせて読みたい

  • 「響け!ユーフォ」大事なものを喪失

    「響け!ユーフォ」大事なものを喪失

  • 「響け!ユーフォ」金で喜ぶわけには

    「響け!ユーフォ」金で喜ぶわけには

  • 「響け!ユーフォ」人は打算で動くもの

    「響け!ユーフォ」人は打算で動くもの

  • 「響けユーフォ」うざい先輩は正直な人

    「響けユーフォ」うざい先輩は正直な人

  • レビューの記事をもっと見る 2016年11月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース