bit

兵庫県三田市が「サンタシティ」に “みた”って読まれるのが嫌だから?

兵庫県三田市が「サンタシティ」に “みた”って読まれるのが嫌だから?
『三田市/平成28年度 サンタ×三田プロジェクト』サイトより。
兵庫県三田市がクリスマスシーズンに合わせ名称を「SANTA CITY」(サンタシティ)と変え、事業者や団体と連携しながらイベントや企画を行う。市全体で“サンタのまち”の雰囲気を盛り上げるこの企画に、SNSでは反響が起こっている。

イベントの内容


「三田(さんだ)」と「サンタクロース」の語感が似ているということから始まった三田市のサンタ×三田プロジェクト。1日から窓口の案内板や職員の名刺などに「SANTACITY」との表記が足され、市役所のロビーでは、婚姻届けを出したカップルがサンタの恰好をして記念撮影ができるようにもなっている。




25日までは、17~22時に三田駅前ペデストリアンデッキがイルミネーションで彩られるほか、郷の音ホールエントランスでは9~22時(水曜以外)にツリーへの飾りつけを行えるイベントが。さらに事業者連携企画として、JR三田駅・新三田駅で10~14時・16~20時の間、市内の神戸電鉄全駅では1日6回、クリスマス音楽が流れる。クリスマスラッピングをした連節バスも期間中走っているとのこと。

さっそくSNSでは「三田駅めっちゃ人おるな~って思ったらめっちゃイルミネーションぴかぴかしてたし、TV来てるしびっくり」「うわー三田駅がめっちゃ綺麗になっとる~」「三田駅むっちゃクリスマス! キラッキラしてる」と反応が投稿されている。

22日にはメインイベントとして郷の音ホールでサンタとの握手と撮影会が行われ、フィンランドの伝統的なクリスマス飾り「ヒンメリ」やフィンランド新聞で作るエコバックのワークショップも開催。フィンランドの伝統楽器「カンテレ」のミニコンサートと、キャンディレイづくりも予定されている。

さらに、23日には三田駅前ペデストリアンデッキでジャグリングショー、ハンドベル&アンサンブル、サンタde餅つきなどさまざまな催し物が行われる。

SANTACITYの本当の狙い?


去年から行われているこの企画だが、「三田市」を「ミタシ」ではなく、「サンダシ」だとしっかり覚えてもらうことが狙いではないかと推測する声もある。ネットでは、「三田」という字を見た時、関西人は「サンダ」と読むが、関東人は「ミタ」と読んでしまうとも言われており、関西人は都営三田線を「さんだ線と読んでしまう」なんて体験談も多い。

あわせて読みたい

  • 第31回神戸ジャズストリートを「ソネ」で満喫

    第31回神戸ジャズストリートを「ソネ」で満喫

  • ワイルドに食べたい!? 漬け物ドッグ

    ワイルドに食べたい!? 漬け物ドッグ

  • コネタの記事をもっと見る 2016年12月2日のコネタ記事
    「兵庫県三田市が「サンタシティ」に “みた”って読まれるのが嫌だから?」の みんなの反応 2
    • のんか 通報

      それって駅前だけ賑やかになるの?ムードないかもしれないが、三田市の奥側は、超がつくくらい 田畑地区だよね!市全体が盛り上がるって考えるならば、その辺も考えるべしですよね、

      4
    • ののパンダ 通報

      実家のすぐ隣の街が兵庫県三田市です。このニュースを見てかなりテンションが上がりました。なんて素敵な企画!それに隠された「みたし」とは呼ばないでのメッセージ!

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら