haderu(田村淳)率いるjealkbがワンマン開催 「絶対行こうな武道館!」

haderu(田村淳)率いるjealkbがワンマン開催 「絶対行こうな武道館!」
撮影/Chika

■jealkb/【夢路薔薇ノ誓 2016】ライブレポート
2016.12.02(金)at TSUTAYA O-EAST

「これまで、いくつかテレビ番組にも出させてもらってきました。もちろんそのすべてに感謝しています。でも、僕らの音楽をまっすぐに誤解のないように伝えてくれた音楽番組は、先日の『Good Time Music』(TBS系列 水曜 0:10-0:55)だったと思っています。これからもそういう音楽番組と、ありのままのjealkbを伝えていけたらなと思っています」(haderu)

12月2日。渋谷O-EASTで行われた2016年最後のワンマンライブ『夢路薔薇ノ誓 2016』の中盤のMCで、haderuはそんな言葉をオーディエンスに伝えた。じつにこの言葉は、結成当初から彼らの音に触れてきた私にとっては、とても深く頷けるものだった。

2005年の結成から数え11年を迎えるjealkb。メンバーがお笑い芸人という職業を持ちながらも、真摯に音楽を続けてきている彼らなのだが、haderuの言葉からも分かるように、“芸人のやっているバンド”という見られ方をし、正直、軽視されている節は残念ながらあった。いや、そして、それはいまだにある。さらに、彼らの名前の由来でもある、ビジュアル系の“ビ”の文字を一番後ろに回し“ジュアル系ビ=ジュアルケービー”としていることからも解るように、彼らは“ヴィジュアル系”というシーンを、自らのバンドスタイルとして選び、現在も名を残すビックアーティストを生み出してきたそのシーンへのリスペクトも込め、自らのコンセプトもそこに的を絞っていたのだが、実は、その選択自体も、さらにjealkbというバンドが軽視される要因となったのである。

言葉を選ばずに本音を書くとするならば、jealkbというバンドの音をちゃんと聴いた者なら、本気で音楽をやっている奴らだということが伝わらないわけはない。もちろん、音楽というのは聴く者の好みもあるため、万人が“いいね!”と共感するとは限らない。しかし、リーダーであるelsaが生み出す楽曲はどれも、彼自身が音楽好きであることが伝わってくるコアなヘヴィさを軸に感じさせながらも、オナニーになることなく、聴き手に寄り添ったキャッチーさを持つものであり、短く限られた文字数の中で伝えたいことがしっかりとまとめあげられた上に、メロディとのハマりが絶妙な“譜割り”を魅せるhaderuの歌詞も、実に職業作家並み(いや、それ以上かも)のクオリティなのである。

演奏スキルも、結成当初はお世辞にも上手いとは言えなかったが、バンド経験者であるelsaがしっかりとボトムを支える上に、最近現正式メンバーとなったsapotoを師匠とし、必死でギターを練習してきたedieeの演奏力も目を見張るほど上達。古くからjealkbの音を認め、対バンを行ってきたMUCCのヴォーカリスト逹瑯の企画バンド“カラス”のベーシストとして参加し、自覚を高め、さらに練習に励んだdunchのプレイテクニックも当初とは比べ物にならないほどにアグレッシブに変化し、ダンス担当としてライブをリードしてきたhidekiは、いま
や最高に切れ味のいいラップもjealkbのフックとなっている。また、曲によってはhaderuとのツインヴォーカルを最高の相性でみせつけるのだ。

haderu(田村淳)率いるjealkbがワンマン開催 「絶対行こうな武道館!」
撮影/Chika

haderu(田村淳)率いるjealkbがワンマン開催 「絶対行こうな武道館!」
撮影/Chika

haderu(田村淳)率いるjealkbがワンマン開催 「絶対行こうな武道館!」
撮影/Chika


あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年12月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース