review

「べっぴんさん」59話。なんでこんなにのんきでいられるのか

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第10週「商いの聖地へ」第59回 12月9日(金)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:安達もじり
イラスト/小西りえこ

59話はこんな話


キアリスは、大急出店6日め7日めと大盛況となり、商品が足りなくなってしまった。
すみれ(芳根京子)たちは考えた末、ショーケースを1個返すことにするが、その様子を大島社長(伊武雅刀)が見て・・・。

それに比べて紀夫君


「すごいなあ、すみれは・・・」と紀夫君(永山絢斗)。
新しい企画のために営業まわりをしているがなかなかうまくいかないのだ。
もともと、人見知りだから、営業がうまくできない。その辛さから酒に逃げる紀夫君。
酔って「職替えする」と言ったことを翌朝覚えていないとか、大丈夫か・・・
くれぐれも夫のアルコール依存症エピソードに発展しませんように。

その新しい企画、キアリスのパクリでは


ゆり(蓮佛美沙子)が大急参入のために考えた、洋裁と服地のセット販売、
気に入った洋服を手作りできる型紙と服地を売り、その作り方を教えるって、キアリスのぱくりではないか。
すみれはそれを知ってもなにも思わないだろうけれど、一言も、キアリスを参考にしたって言わずに、自信満々のゆりがなんだかこわい・・・。
もっとも潔(高良健吾)も粗悪な商品を高く売っていたから、この夫婦、やっぱり似た者夫婦?

あとから言う件


紀夫君以外の男会が集合して、キアリスの繁盛を驚く。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「べっぴんさん」

朝ドラ「べっぴんさん」

戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていく芳根京子演じるヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう物語。NHKにて、2016年10月3日〜2017年4月1日放送。

お買いものリンク