90s

薬物使用で逮捕された槇原敬之 復活までの軌跡


この気づきにより、再び曲作りの火が灯ったという槇原は、次のようにも語っている。
「歌が、人の心の中で、本当の意味で必要なものでありたいと思ってから、急にすべてが変わりました。だからこそ、SMAPの歌が書けたと思う」

つまり、槇原は逮捕という失敗を通して学び、『世界に一つだけの花』という歴史に残る名曲を書き上げたといえる。逮捕やバッシングを乗り越え、今では第一線に戻り活動している槇原。その精神の強さには、改めて驚かされる。

※イメージ画像はamazonよりピアノソロ やさしく弾ける 槇原敬之ピアノソロアルバム (PIANO SOLO)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年12月10日の90s チョベリー記事
「薬物使用で逮捕された槇原敬之 復活までの軌跡」の みんなの反応 6
  • プロ失格の怠慢な記者多すぎ! 通報

    今更、こんな話を蒸し返す必要があるのかな? 記者の怠慢さと悪意を感じるのは私だけだろうか!?

    44
  • 匿名さん 通報

    今さら蒸し返すとか最低

    37
  • 匿名さん 通報

    こういうのいい加減にしろ

    29
  • 岡田香保里 通報

    なるみやくん❗もう一度芸能にもどり頑張ってほしい❗薬物をしてないならしてないとつぱねがんばれ

    6
  • 匿名さん 通報

    金田・チェン・秀恵、そうとう腐ったライターだな。もうこういった連中の発言をネット記事にすること自体が問題。TVやラジオだけがマスコミじゃないことにいつになったら気づくのだろう。

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース