90s

「伝説の10.8決戦」前夜、長嶋監督と桑田真澄のとんでもない会話内容とは?【プロ野球世紀末ブルース】

「10.8決戦」の舞台裏…長嶋監督と桑田真澄のやり取り


全300ページ超えのガチボリュームで、今明かされる決戦の舞台裏の数々。その中でも注目エピソードは長嶋監督と桑田真澄のとんでもないやり取りだろう。

「桑田か? すぐ俺の部屋に来てくれ!」
桑田真澄の部屋の電話が鳴ったのは決戦前夜、94年10月7日の午後10時過ぎのことだ。最上階のスイートルームを訪ねた桑田は長嶋とふたりきりで話す。「桑田……この間はナイスピッチングだったな」と2日前のヤクルト戦で見せた8回1安打11奪三振の快投をねぎらう言葉に、小さく頷く当時26歳の桑田。
まだ右肘手術前、数々のスキャンダルを跳ね返した鋼の精神力を持つ、全盛期バリバリのエースを中3日であろうが当然ぶっこむ長嶋流。もちろんエースナンバー18番を背負う男も行く気満々だ。フィジカル、メンタル面ともに入念な準備をして登板に備える理論派の桑田が、明日はこういう場面でおまえを使うぞと具体的な起用法を聞こうと思ったその時、長嶋の電話が鳴った。

「ハイハイハイ。ああ、ケンちゃん!」
例のハイトーンボイスが部屋中に響きわたる。「明日はやるよ。俺たちは絶対にやるから!……ありがとう……うん、ありがとうね!」そんな目の前の会話を聞くともなく聞いていると、受話器を置いたミスターが唐突に目を見開いて桑田にこう問う。
「ケンちゃんだよ、ケンちゃん!分かるだろ?」
……ケンちゃんって誰やねん、分かる訳ないやろ。それでも天下のミスターに「洗濯屋のケンちゃんですよね」なんてボケは許されない。必死になって考えた桑田のファイナルアンサーは

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「伝説の10.8決戦」前夜、長嶋監督と桑田真澄のとんでもない会話内容とは?【プロ野球世紀末ブルース】」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    94.10.8。長嶋監督は槇原⇛斎藤⇛桑田と当たり前のようにスイッチ。逆にドラの監督は当たり前のようにいつものリリーフ投手を。並の人じゃ絶対後者になるな、と感じた。

    11
  • 匿名さん 通報

    ハーイカール 後に鈴木大地の尿検査場に突撃しようとしたシゲヲの厚かましさ一例 駒田の件といい、人生の終盤であのような姿になるのは自分のせいだと思う 因果応報

    2
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月21日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。