コアな音楽ファンに人気のレコードチェーン「diskunion」(以下、ユニオン)が、2016年発表の優れた作品を振り返るフリーマガジン『いますぐ聴いてほしい2016年オールジャンル700』を発行した。
これで無料、diskunionのフリーマガジンがすごい

「音楽を売る現場」目線のディスクガイド本



・日本のロック・ポップス
・ロック・ポップス
・プログレッシヴ・ロック
・ハード・ロック/ヘヴィ・メタル
・パンク
・ジャズ
・ワールド・ミュージック
・ソウル/ブルース
・ヒップホップ
・クラブ/ダンス・ミュージック
・クラシック
・映画音楽
・本


>『いますぐ聴いてほしい2016年オールジャンル700』は、以上計13ジャンル+αから成るディスク(/ブック)ガイドである。表紙にはこんな文句がある。

ALL STAFF’S SELECTION for ALL MUSIC LOVERS

「年間ベスト」の類は、雑誌などにおける年末のお約束企画だが、本誌の最大の特徴は、中心となる選者がユニオンのスタッフたちーーすなわち「音楽を売る現場」の人間だということ。紹介される各アルバムには、所属店舗名/役職および名前と共に、熱のこもった推薦コメントが付されている。

CD不況などと言われながらも、年間にリリースされる作品数は膨大だ。当然、素晴らしい内容ながらもそこまで注目されなかったり、売れない作品だって少なからずあるはず。そのことに歯がゆい思いをするのは、作り手ばかりではない。本誌の熱量の大きさは、売り手側の「もっと聴かれるべき!」という強い思いの賜物であろう。