ルールや制度を自ら創り上げる自由な風土! 女性が輝く「ソネット・メディア・ネットワークス」



■ルールを自分で作っていける自由な雰囲気
ルールや制度を自ら創り上げる自由な風土! 女性が輝く「ソネット・メディア・ネットワークス」

経理の小川麻衣さんは働きやすさの理由を「管理部は社内全体をフラットに見ることができる立場にいると思うのですが、ソネット・メディア・ネットワークスはいろいろな文化があって、それがそれぞれ融和している感じがしますね。上からの締め付けはほとんどなく、自由にやれる雰囲気がどこの部署にもあるような気がします」と分析します。

前職はメーカーに勤務。人数も多く規模も大きかったため、決算という経理にとってやり甲斐のある業務を担えなかったそう。しかし転職活動で訪れたソネット・メディア・ネットワークスの面接で、「決算」に携われるだけではなく、「株式上場も検討しているので、通常の経理業務以外の経験もできると思います」と伝えられ、「上場のタイミングで経理をやれることなどなかなかないので、これは大きなチャンスを与えてくれる会社だなと思ったのを覚えています」。

■「窮屈さは感じたことがない」

「前職よりも組織の規模が小さいこともあると思うのですが、ルールを自分で作っていけるのが特徴のような気がしています。外部の会計士や税理士のきちんとしたプロの監査を受けつつ、社内のことは自分で考えて自分で発信して皆に共有してもらえる。これでいいのか? という自問自答を続けなければならない大変さはありますが、自律的に行動できるので窮屈さは感じたことがありません」


今回、話を伺ったのは部署もバックボーンも異なる彼女たち。社内での働き方はそれぞれですが、女性が輝く風土や制度を作る環境が「ソネット・メディア・ネットワークス」には用意されているようです。
(取材協力:ソネット・メディア・ネットワークス)
女性が輝く企業TOPページへ
エキサイトの記事をもっと見る 2017年1月25日の経済記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。