bit

まるで駅弁レベル!? サミットの「牡蠣めし弁当」はいかにして作られたか

       
こうして何度も試作したうえで、満足感の高い弁当にした。
「実はここまで売れる定番商品になるとは思ってなかったんですよ。『お弁当・お惣菜大賞』に出せと言われて、最初は賞の存在や影響力をあまり知らずに『え~っ?』と思った程度だったのですが、たまたま出してみたら大賞になりまして(笑)。そこからの反響は非常に大きく、授賞式の翌日にテレビに出てからは、お客さんが殺到し、原料も足りなくなる事態が起こりました」
さらに、「粒が大きいと、見栄えも良く、ジューシーでプリプリの食感になる」ということから、2015年秋からは、牡蠣フライ、牡蠣めしの上の牡蠣ともに、商品の売価は据え置きで、ワンサイズ上げているそう。

牡蠣めし味の限定ポテチまで発売


ところで、「季節商品」であることは仕方ないとして、残念なのは、不定期にしか登場しないこと。なぜなのか。
「牡蠣めし弁当は、体感温度が下がり秋を感じる9月頃に登場し、3月頃に販売終了するようにしています。不定期なのは、単価が500円台と、安くないため。平日はどうしても398円や498円の商品がよく動くので、牡蠣めし弁当は、祝日や週末中心にチラシに掲載して訴求する商品にしているのです」

2015年は16万パック8000万円近くを売り上げたという人気商品。お弁当の副菜部分がなく、牡蠣を6粒盛り込んだ単品の「牡蠣めし」(498円)も、2015年は17万パック、7000万円近くを売り上げているという。

ちなみに、受賞後にはコイケヤとのコラボで、この人気商品をポテトチップスにした「ポテトチップス サミットの牡蠣めし味」なる商品も発売された。
春が来るまでの週末・祝日だけ食べられる「牡蠣めし弁当」。巡り合ったら、ぜひ一度試してみては?
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。