90s

ついに運命の日……SMAPはいかにして解散に追い込まれたのか?【90年代バンド臨終図巻】

2016年12月31日、ついにSMAPが解散する。1988年に結成、91年にCDデビュー。その後、90年代から00年代、10年代にかけて、歌だけでなく、ドラマ、バラエティなど、あらゆる分野で活躍してきた国民的アイドルグループが、その歴史に終止符を打つ。

『NHK紅白歌合戦』への出演も噂されていたが、どうやら出演はなさそうだ。12月30日付の『スポーツニッポン』は、12月26日に放送された『SMAP×SMAP』の最終回が5人揃っての最後の活動になったと断定的に報じている。

異様だったSMAPの生“謝罪”


ここであらためて、SMAP解散に至る経緯をおさらいしてみよう。
SMAP解散報道が最初に表面化したのは、2016年初頭のこと。1月13日付『日刊スポーツ』と『スポーツニッポン』が一面でSMAPの解散と木村拓哉以外のメンバーのジャニーズ事務所からの独立を報じた。

この報道は大きな波紋を呼び、1月18日の『SMAP×SMAP』が急遽生放送に切り替えられ、メンバーが解散騒動について謝罪をするという異例の事態となった。翌日の各局ワイドショーは、この映像を繰り返し使い、国民的アイドルグループの危機回避の報道を行った。

しかし、同時にネットではその欺瞞を批判する声で溢れかえった。誰の目にもこの“謝罪”は異様だったからだ。とりわけ草なぎの「ジャニーさんに謝る機会を木村くんがつくってくれて、今、僕らはここに立てています」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク