『KIKKAWA KOJI Live 2016 “WILD LIPS”』の追加公演が12月29、30日、国立代々木競技場第二体育館で行われた。「ライブ、まだやりたりないという気持ちがあるので、年末やります」との本ツアー最終日の東京体育館での発言を受けてのもので、体育館から体育館へという流れになった。ここでは29日の模様をレポートしていこう。

オープニングナンバーは本ツアーと同じ「Wild Lips」。本ツアーでは幕がかかった状態で始まったのだが、この日は前置きなしでいきなり本題に入るような始まり方だ。吉川が最初から気迫あふれる歌を披露していく。バンドのメンバーは生形真一(Gt)、ウエノコウジ(Ba)、湊雅史(Dr)、ホッピー神山(Key)、菅原弘明(Gt,Key)と本ツアーと同じ顔ぶれ。1ツアーを経たことによって、バンドの音は整理されて、よりソリッドでタイトになり、歌も演奏もダイレクトに届いてきた。

前半は最新アルバムからのナンバーが続く構成。突き上げられるたくさんのこぶし、大声での歓声、飛び散る汗、体育館らしい熱い熱い盛り上がりだ。5曲目の「Oh, Yes!!」が終わったところで、この夜最初のシンバルキックが炸裂したのだが、吉川は勢い余って頭から床に直撃した。

「頭、打ちました。いい感じに砕けていくのがいいね。20回に1回くらい頭を打つ。40回に1回くらい足が折れる」とのこと。さらに「みなさん、発散して、いろんなものを全部吐き出して帰ってください。そしていい年を迎えましょう」との言葉もあった。その発言どおり、発散しまくるライブ。「LA VIE EN ROSE」の終わりでもカカト落としでシンバルキックしたのだが、またしても転倒して頭を打ちつけた。満身創痍、壊れまくりの激しいライブだ。