smadan

『進撃の巨人』エルヴィンとリヴァイはどちらがモテる?【ラブホの上野さんの空想恋愛読本】

だからと言ってモテるとはまた別問題


と、エルヴィンとリヴァイの「目的のためなら手段を問わない」という性格を評価させて頂きましたが、それが現実的にモテるかと言えば話は全くもって別問題で御座います。

というのもエルヴィンやリヴァイのように「調査兵団として外の世界を知っている人間」だからこそ「ここで100人を殺さなくてはいけない」という非情な現実を知ることが出来るのです。現実世界でも言えることですが「誰かを切らなくては、全員が死んでしまう」という非情な現実をしっかりと認識出来る人間はごく少数に過ぎません。
老若男女問わず、多くの人間はそんな非情な決断をした人間を「ただの100人殺し」としか判断しないのです。「全員を救うことが出来る魔法のような手段」が存在すると思い込んでしまう。そして、自分もそんな魔法のような手段を思いついていないにも関わらず「彼はリーダーなのにその魔法の手段を見つけられなかった無能」と判断する。
時には「冷徹な判断を下せずに、全員を殺してしまった無能」の方が「人間味のある人」と判断することすらあるのです。
『進撃の巨人』エルヴィンとリヴァイはどちらがモテる?【ラブホの上野さんの空想恋愛読本】
画像出典:Amazon.co.jp「進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

現実ではとても頼りがいのある男性に


ですので、おそらくエルヴィンもリヴァイも、現実が過酷であればあるほど世間からは「冷徹な独裁者」のような評価を受けることでしょう。すると当然ですが多くの人からは嫌われる、つまりモテることは御座いません。

しかし、世の中というのはそこまで絶望的なものではなく、彼らが悩みに悩んで苦しみぬいて「人を切った」ということを理解できる人も少なからずいらっしゃいます。そういう大人の女性からであれば、エルヴィンもリヴァイも間違いなくモテることでしょう。
と言うのも、「目的のためなら手段を問わない」という男性が自分の夫になったとき、これほど頼りがいのある男性は他におりません。普段どれだけ冷徹に見えたとしてもいざというとき、自分のことを手段を問わず守ってくれるのです。これほど素晴らしい夫が他にいるでしょうか?

いつも優しい言葉をかけてくれるものの、いざというとき何の役にも立たない男性と、いつも冷徹なものの、いざというとき手段を問わず自分を守ってくれる男性、皆様はどちらと結婚をしたいですか?

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月9日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。