90s

福留孝介「7球団競合も近鉄入団ならず……幻に終わった福留・中村紀洋の最強コンビ」

福留孝介「7球団競合も近鉄入団ならず……幻に終わった福留・中村紀洋の最強コンビ」
ナゴヤドーム
この男は変わらない。

16年シーズン終了後、39歳の福留孝介は金本監督から一塁転向を打診されるも、「外野一本で専念したい」と返答したという。嫌なものは嫌。世の中の仕組みを理解するベテランと呼ばれる年齢になっても、自分の意見はハッキリ言う。思えば、あの頃からそうだった。

「ヨッシャー!」福留を引き当てた近鉄


95年ドラフト会議、高校生選手としてはあの清原和博の6球団を超える史上最多の7球団から指名を受けたPL学園の超高校級スラッガー。福留は事前に「巨人、中日以外なら日本生命へ」と明言も、他チームも怪物清原・ゴジラ松井以来の大器と称された18歳の逸材を簡単に諦めるわけもなく、近鉄・中日・日本ハム・巨人・ロッテ・オリックス・ヤクルトの7球団が競合。
意中球団は7分の2の確率だったが、「ヨッシャー!」の絶叫とともに、スーツの下に紅白のフンドシをつけるという一歩間違えば変態とも言えるスタイルでこの勝負に臨んだ、近鉄の佐々木監督が当たりクジを掲げた。

当然、入団交渉は難航し、無謀なギャンブルと批判も受けた指名だったが、当時の近鉄バファローズはその賭けに打って出なければならない理由があった。

94年から95年にかけてチームは混乱を極め、大エース野茂英雄が鈴木啓示監督とぶつかり、メジャー移籍を目指して退団。あの10.19時代の悲運のエース阿波野秀幸は巨人へトレード移籍。いてまえ打線の一角を担った金村義明もFAで中日へ。ついでに本拠地の藤井寺球場は助っ人選手が絶望するくらいボロボロ。追い打ちをかけるように成績不振の責任を取り、95年夏に鈴木監督が休養。水谷監督代行が指揮を執るも、7月13日に単独最下位になってから一度も浮上することなく、86年以来9年ぶりの最下位に沈んだ。観客動員数は100万人の大台を割り、功労者ラルフ・ブライアントも寂しすぎる退団。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月11日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。