SNSが多くの人の間で普及した現在、誰もが陥ってしまう可能性のあるTwitterなどの「炎上」。そんな炎上をテーマにしたSEEC(東京都渋谷区)開発のゲームアプリ『炎上なう』にハマる人が続出し、Twitter上でも話題となっている。

「Tmitter」でフォロワーの炎上を食い止めよう!


『炎上なう』の舞台は、フォロワーと気軽に交流ができる架空のSNS「Tmitter」。フォロワーは面白ネタを探す後輩、自撮り大好き女子、彼女一筋のヤンキー男子、絵描き師の中学生女子、会ったことのない女性に恋するイケメン男子といった、癖の強い個性的なメンバーばかり。彼女一筋のヤンキーが、彼女とのメッセージのやり取り画面を晒し炎上しそうになったりといった場面が登場し、プレイヤーは表示される3択の返信用メッセージの中から最も効果的な1つを選んで炎上を食い止める。




「面白そうで始めてみたけど、これはハマる!」「芸の細かさにビビってるww」「実際に自分のTwitterにいる感覚でプレイできて新鮮!」と好評の声が続々と上がる。ゲーム内では、わざと炎上するように仕向けることも可能。上手く炎上させることができれば、歴史上の有名な人物のつぶやきを見ることが出来るとか。

『自撮りなう』も密かに話題!


『炎上なう』と同シリーズの育成ゲームアプリ『自撮りなう ~リア充女子のSNS恋愛育成~』も同じく話題だ。リア充な今時女子「優奈」を操作して、架空のSNS上のフォロワーと交流しフォロワーから投稿された画像のコンプリートを目指すことが同ゲームの目的だ。Twitter上でも「話がサクサク進むし、キャラ可愛い!」「『炎上なう』に出てきたキャラが主人公なのは嬉しい!」と話題の様子。

現実のSNS同様「Tmitter」上にも危険が潜んでいるといい、「変な人にフォローされても…すべては自己責任で」という注意がされている。同ゲームには恐怖のエンディングが用意されているらしく、「全く予想してなかったエンディングだわ…」「これは…怖い」といったツイートもあった。